2019 第23節 FC東京 vs サンフレッチェ広島

まずは城福監督。
「古巣に勝利、おめでとうございます!」

気づけばお盆休み。という事で、前節のガンバ戦は色々と思う事もあったけど、結果としてあの内容で引分けたのは良かったな、という事でしょう。

ガンバとしては得点した直後から露骨に重心が後ろにいっちゃって「守り切りたい」欲が出過ぎたのが悪かったですね。悪い時の広島を見ているようでした。

そしてミッドウィークに天皇杯を終えての首位FC東京との闘い。

「絶対カウンターしたいチーム」と「絶対カウンターさせたくないチーム」の対決は後者の勝利となりました。

簡単なクロスや中盤での安易なロストは、強力な2トップの餌食となるので慎重に焦れずにボールを回してましたが、よく集中を切らさず90分間を戦い抜いたと思います。

見ているだけでも暑そうな気候の中、お互いバテバテの後半で柏の単騎突破とか、とにかくカッシー様様。

川辺もシャドーポジションに入ってからの推進力は素晴らしかったし、森島は言わずもがな。この暑さの中で、よく走り切りました。

守備では荒木の安定感、ハイボール勝率が素晴らしかったです。

ササショーは危険なミスが多かったと思います。大事に至らなかったから良かったものの、もっと集中して欲しいし、なんなら井林でも良かったぐらいじゃないでしょうか。

大迫の積極性は買います。そしてかなり安定してきたのではないでしょうか。

チームとしては先制点を奪った後でも引き過ぎず、カウンターの機会を狙いながらしっかりとゲームをシャットダウンしたのが素晴らしかったと思います。松本戦の痛みが効いたのかもしれません。

もしかするとこの暑さというものが広島に味方をしたかもしれません。

東京が思った以上に前からのプレッシャーが少なく、焦らずにボールを回せたのも良かったと思います。

順位は気にしていませんでしたが、気づくと4位まで上ってきました。

いよいよ目の前!というところまで来ると、さすがに優勝を意識するでしょうが、現時点ではここまでのチームの成長ぶりの方が嬉しいサプライズでしょう。

昨季からの若返り、新戦力の台頭、ベテランとの融合。
これだけの事をこなした城福監督、素晴らしい仕事をしていると思います。何よりメンバーを見ているとチーム内競争をしっかりと継続しているのが見て取れます。

手綱を緩めず、良い選手は積極的に起用して、最後までチーム活性化を継続して欲しい。

頑張れ! サンフレッチェ広島!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
1 144 145 146 147 148 151