国際親善試合 日本代表 vs ウルグアイ代表

南野、中島、堂安の3人。 うーむ、凄いな。
決定力、スピード、技術、当たり負けしない体幹。そして闘争心と仕掛ける姿勢。どれもが一級品だわ。

最新FIFAランクで5位のウルグアイを相手に真っ向から勝負を挑み、そして打ち勝った点は素晴らしいの一言だと思います。多少、韓国審判団の忖度があったのかなぁ?というシーンはありましたが、内容的には実力でしょう。

ただし3失点は頂けないと思う。そこはよくよく反省して欲しい。

大迫。ボールは治まるけど、あの決定力の無さは一昔前の日本代表レベルかと。決定的な2点をフイにした罪は大きいと思います。他の1トップも試したいかな。

南野、中島、堂安は文句なし。
長友、酒井もさすがの出来。本職のサイドバックらしい、守備からの攻撃のスムーズさが見られました。ただ酒井は守備のところで、「あれ?そこまで弱かった?」という感じで強度に物足りなさは感じました。今のところ、室屋でも良いかもしれません。

ボランチは柴崎と遠藤。遠藤はもう不動だと思います。守備と攻撃のところでよく顔を出した。縦につけるパスが一級品になった稲垣という感じ。

森保監督は広島時代に遠藤のような役割を稲垣に求めたかったんだろうな、というのがよく分かります。

柴崎は試合勘が足りない、てやつでしょう。後ろ向きばっかりのパスで求められるタスクをこなせてなかったと思います。今のところ贔屓目なしで青山が一歩リードでしょう。

三浦は失点を与えた致命的なパスミスがありましたが、それ以外は総じて良い出来栄えだったと思います。センターバックからのパスという点でもしっかりとこなしたし及第点以上じゃないでしょうか。

吉田はどうなのか?というと、私の中では落第ですね。経験とカンで何とかしてましたが、動きがもっさりで体力が無さすぎ。ボールを出した後、もう一度受ける準備もせずに歩きだすって、水本か!

センターバックは三浦と富安で連携を磨いた方が将来性があって良さそう。

森保監督、クラブチームという枠が外れて「呼びたい選手を呼べる」というメリットを最大限に活かしていると思います。

そしてそのメンバーはJリーグを見ている自分も納得できるものだし、実際目覚ましい効果があると思います。

森保監督が兼任監督になった時、少し否定的な気分だったのですが、ここまでしっかりと結果を残すなんて。もう最高じゃないか!

とはいえ、アンチも相変わらず居ますし(えーと、お杉?)、一回負けただけでも鬼の首を取ったように叩いてくると思います。この好調を継続して、しっかりとアジアカップを獲りましょう!

頑張れ!森保ジャパン!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
1 139 140 141 142 143 146