2017 第13節 サンフレッチェ広島 vs ジュビロ磐田

どうも、森保監督のコメントを読んで2日経った今も怒りが収まらない私です。

確かに試合内容とコメントは合致しますよね、勝ちにいってないんだから引き分けて当然。

そしてそれを「是」とする監督や選手がいる以上、降格を覚悟しました。

アウェイ、いや百歩譲ってホームだとしても相手が柏、ガンバ、浦和等の上位陣であれば引き分けに持ち込む戦いも良しとしましょう。それは納得いきます。

じゃあ今節の相手は誰?
大黒柱を欠き、広島と同じくゴール欠乏症で不振にあえぐ磐田ですよ。いわば中位争い、下手したら残留争いの直接ライバルになるかもしれない相手ですよ。

そこは勝ちを目指せよ!!ホームなら尚更!プロなら勝負しろよ!

わざわざ高いお金を払って広島の応援に来たサポーターやファンを馬鹿にするにも程がある。何が「応援に来たサポーターに勝利をお届けできなくて申し訳ない」だ。どんだけ空虚で心が籠っていない謝罪だよ。

目の前の対戦相手に集中するのは良いけど、目の前の相手が誰かすら分からない程メンタルが弱っている監督や選手が試合をしてどうするの?

誰か伝えて! 上位陣には引き分けでも良いけど、目下のライバルになりそうな相手には勝ちに行け、と。ましてホームだよ!ふざけんな!

今節の引き分けは最悪の引き分けとなりそうな気がします。

つまり木偶の|さんんがたまたま見せたスーパーセーブで彼のこれからの出場が約束され、監督や走らない選手の延命が約束されました。だって監督自身が「これで良し」とするわけですから引き分け狙いで引きこもる選手も安泰です。

もうずっとアウェイで戦ってろよ。

はぁ、すいません。
あまりにも腹が立って冷静でいられませんでした。少し気を取り直して気になった選手をボソボソと。

と言っても16位のチームらしい16位の選手達と16位の監督が16位に相応しい試合をしていたので見所は無しなんですが( ^ω^)・・・。

柏、ミキッチは「仕方ないね」としか。周囲のサポートも無い状況では何もさしてもらえず。そこを抑えられたら次の手がないチームなんでどうにもならんな、と。誰もカバーも入らずフリーランもしないからバックパスのオンパレードでしたね。

皆川はやっぱり皆川でした。強度のある相手だと手も足も出ず。というか、そもそも皆川に入れるボールすら出てこないから彼の責任云々ではない気もするし、そうなると工藤と同じやん、ていう結論。だったら工藤でも良いじゃん、という三段論法。

青山は雑だったねぇ…。ただ「何とかしよう」という気概は感じられたかな。特に守備の面で頑張ってた印象があります。でも青山の守備はもともと残念なわけだから、自分のストロングポイントを活かす方向に向かないとダメだと思う。

カズは完全なブレーキ。後ろに戻す選択肢しか無かったと思う。ボールを足元に収めてからパスコースを探すっていう感じだから周囲が見えてないなぁ、と。ロペスが浮いているのにすぐに戻すとか、負のオーラに引っ張られるかのように安全な選択しかしてなかったと思う。一人で抱え過ぎているのか、コンディションが一気に落ちたように見えます。「残念、そこはカズ」が一回も無かったしね。

正直、スタメンと控え組を(野上、柏、青山、塩谷辺りは残して)全員入れ替えして欲しい。それぐらいの事をしないとダメな状況まで追い込まれていると思います。

今の森保監督は交代枠も余す上、ミキッチ→清水とかいう謎采配と85分での工藤投入とか、もう完全にテンパったような采配しか出来ていません。調子の落としている相手(しかもホームでありながら!)に対しても「引き分けで良し」と手を打っているぐらい追い込まれているわけです。

早いうちに肩を叩いて「休みなさい」と言ってあげるべきだと思う。そうしないと出て行ったレンタル選手達も戻ってこないだろうし、チームの活性化も成されないでしょう。

同じ降格圏に沈む新潟と大宮は既に監督に見切りをつけ仕切り直しを図っています。(新潟の新監督選択は正しいのか疑問ですが…)
ここまで功績のある監督を切るには勇気が要るでしょう。しかし早くしないと取り戻せない状況まで追い込まれています。

ここまでの戦いを見るに、残念ながら今の森保監督にチームを立て直す力量は備わっていません。次期監督選びも難しいと思いますが、少しでも早く決断して欲しい。頑張れ!フロント!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

【子供】日常

テーブルに寄りかかり一点を見つめている息子。何をしているのかな?と思って観察していると明らかに力んでいる表情。 間違いなくウンチをしているのが分かったので、「トイレでウンチしよっか?」と聞くと、「イヤ!」と明確に拒否され […]

続きを読む
1 133 134 135