2017 第29節 鹿島アントラーズ vs サンフレッチェ広島

首位相手にごくごく普通に負けたなぁ、という試合でした。

試合内容は互角といえば互角だけど、精度のところで圧倒的な差がありました。「勝てそうなんだけどなぁ」と思えるけど、実際には絶対に勝てないのがハッキリしている絶望的な差です。

最たるものは守備が緩慢になるところ、決定機を決められないところ。
真逆の鹿島が2-0で勝つのは必然と言わざるを得ません。

ここからまだまだキツイ相手ばかりです。
見事に降格圏に戻った広島、やはり下位チームとの直接対決で勝てなかったツケは重いという事でしょう。

結局のところ、清水戦以外に複数得点がない攻撃力に大いに問題ありという事だと思います。ロペスは確かに得点源の一つですが、助っ人と呼ぶにはあまりにも貧弱。まだ茶島の方がドリブルでかき回してもらえそう。

青山も平凡な選手になり下がった感があります。パスの精度も落ちてるし、足の遅さの方が目に付くぐらい。

千葉ちゃんに関しては「まぁ酷い」の一言。ぶっちゃけ水本よりも悪い。少しプレッシャーを受けると簡単にコーナーに逃げるし、パスも相手の狙い通りのパスしか出せない。プレーレベルでは水本と逆転してます。セーフティファーストなのか知りませんが、相手ボールでピンチが続くわけですから何も状況は変わらないのにね。そろそろ野上で良いんじゃないですか?

稲垣は好調だし、柏も運動量と仕掛けで相手の脅威となっていました。フェリペはやはり物足りなさを感じるけど柴崎よりは面白いかな。中林はいつになったら安定するのか。

攻守の切り替えとかボールの奪いどころとか、洗練されてきていると思います。
後は攻撃のところですが、点を奪う事はどのチームも苦心するわけですから降格圏のチームが悩むのは必定。

今節では交代で入った茶島をサイドバックに起用して特攻してましたが、あまりにも守備が怖すぎます。普通にロペスと交代でも良かったと思います。

後はパトリックが孤立し過ぎるので、最初から2トップで行けばいいのに。皆川が入ってから何回か裏抜けで面白いボールになりましたから、ああいうのを増やすしかないのでしょう。

札幌が柏に勝利、甲府はFC東京に引き分けと順調に勝ち点を乗せてきて他力本願が望めない状況になってきました。もう相手が上位だからとかじゃなくて勝ち点3を奪いにいかないといけません。

次節、川崎相手に無失点は無理だろうけど、鹿島と違って守備には若干の綻びもあると思います。宮吉も戻ってきたそうだし、色んな選択肢がある中で最適な攻撃陣を選んで欲しい。

幸いにも甲府、清水とは勝点差が2で収まっています。何とか引き分け、じゃダメになりました。是が非でも勝利、これしかありません。

とにかくホームで勝利、その先にある残留をつかみ取りましょう。頑張れ!広島!

(閑話休題)

遂に2020年東京オリンピックのサッカー日本代表に森保監督が選ばれました!!

これは最高に嬉しい!人格者でありモチベーターでもあるわけですから、代表監督に相応しいでしょう。後はしっかりとしたコーチ陣を据えれば文句なし。地元開催だからメダルを求められるシビアな立場ではありますが、それを力に変えて選手の頑張りを引き出せると思います。

頑張れ!森保ジャパン!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

「君の名は。」を観た感想

描写が美しいですなぁ( ^ω^)・・・普通に面白かったけど、ここまでもてはやされる程の傑作なのか?というと「どうだろうか?」と思いました。 以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。 それと比較対象として以下の作品のネ […]

続きを読む
1 132 133 134 135 136 138