2019 第30節 川崎フロンターレ vs サンフレッチェ広島

しかしまぁ、大迫は全くチームを救ってくれんな

ビッグセーブを作らせない試合運びが重要ですが、90分を通して、1~2度は決定的シーンを作られるのは仕方ない事です。それを止める事ができるかどうか。なんですけどね、全部やられてんじゃん。

もう少し成長してもらわんと、ただ若いだけのゴールキーパーです。

試合はボランチの差がモロに出たな、という感じですかね。

青山が先発、フル出場というのはどうしても解せない。絶対に稲垣を残すべきだったでしょう。

今の青山は走れない、競れない、パスミスのオンパレードでむしろサンフレッチェのリズムを悪くしてる要因の一人です。あの人選だけは城福監督の意図が分かりません。

他は、どれだけ決定機を得点につなげる事が出来るか、に集約されるでしょうね。

後半、得点を取りに行くためにペレイラを入れたのは良かったし、想定通り押し込んでいたものの、奪った得点は1点のみ。しかもその直後に失点とか、絶対やってはいけない事をやってたら勝てるわけがありません。

ああいうシーンでゲームを落ち着けて、追加点を奪うための勢いをつける役目が青山だと思うんですけどね、ほとんど存在感ゼロでした。

この数試合で明確になってきた問題は、最前線のトライアングル、一番後ろのゴールキーパー。ここなんですけどね…。ここだけ、もう少し良くなれば安定して勝てるチームになれると思います。

ドウグラス・ヴィエイラはよく収めるけど、枠内シュートぐらい打って欲しい(川辺、森島、柏、ハイネル、青山含め)。サンフレッチェのシュートは全部枠外に飛んで行くから全く怖さがないよ…。

まぁ3位どころか4位以内も確保できないわけだし、今季は中位で終わるのは仕方ありません。

希望が見える試合、楽しい試合も多かったのも事実だし、やっている事は間違っていません。若手の成長も促しました。健全な競争がシーズンを通して為されていたと思うし、すごくポジティブな転換期だったと思います。

若きボランチ勢が青山を超えるぐらいの強烈なインパクトを残せなかったのが寂しいところですが、ダブル松本にもっと奮起してもらって新しいサンフレッチェを印象付ける役目を担ってもらいたい。

残すところ、あと3試合かな?
まだ上位陣との対戦には鹿島が残っています。最後のあがきで上位の混戦を面白くしたいですね。

そして残りは全部勝てるように、継続して今のサッカーを磨き続けて欲しい。頑張れ! サンフレッチェ!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です