2019 第28節 サンフレッチェ広島 vs ヴィッセル神戸

久し振りに気分よく書けるなぁ。

という事で、久し振りの勝利。しかも珍しく複数得点での勝利。
うーん、酒が旨い!飲めないけど。

結果は6-2ですが、実際のところ2-1の時点まではどっちに転んでもおかしくないシーソーゲームだったと思います。後半20分でのレッドカードで一気に広島に流れがきましたので、あれが本当に大きかったです。

神戸はビジャ、イニエスタは何かやりそう(というかやったんだけど)で怖かったです。古橋は裏の抜けだしからシュートに至るまではさすがの一言。相変わらず良い選手だと思いましたが、前ほどの怖さは感じませんでした。以前はボールを持つとガンガン仕掛けてきてましたが、今節は大人しかった?気がします。戦術的な問題なんかな?

それにしてもイニエスタは本当に怖い。

さて、ウチの方はようやく1トップが戻ってきました。

相手が違うので単純比較などできませんが、ドウグラス・ヴィエイラが入るとあれだけ違うのか、と思いました。とにかく無理めなボールでも上手く収めるから起点を作れるし、守備も頑張る。連携もスムーズだし、今節は相手をレッドカードに追い込む見事な抜けだしもありました。

PKを外した時は嫌な予感がしましたが、その後の活躍は見事。

あ、PKといえば木村主審はネームバリューに弱いのか、かなり神戸に忖度してた気がしますね。まずPKは蹴る前から飯倉が思いっきり飛び出してるので明らかにやり直しだと思うし、西なんかイエローカードが2~3枚出てもおかしくないぐらいの悪質なプッシングしてたし、PA手前で川辺の切替しに付いていけない大崎が思いっきり川辺を引っ張ってるのは少なくともイエローでしょう。

ドウグラス・ヴィエイラの裏取りに抱え込んだ決定機阻止のレッドカードになってようやくまともになった気がします。

まぁ審判への愚痴は置いといて、純粋な1トップが戻ってきたのは朗報。

渡にとってはチャンスをフイにした感じだけど、苦手なポジションを上手くこなすだけの器用さが無かったですね。シャドーでやるにしても森島、川辺が圧倒的にパフォーマンスが良いからどうしても控えになっちゃうのは仕方ありません。

川辺ですが、ようやく得点を決めました。が、そもそも試合開始早々のドフリーでのシュートを外してますからね。もっと決定力を上げて欲しい。とはいえ、試合中のパフォーマンスは良いです。確実に試合に影響を与える事の出来る選手です。

まぁそれ以上に良かったのが森島。アシスト、ゴール、ドリブル。U22代表前にこれ以上ないぐらいのアピールをしてくれました。

U22繋がりの大迫。今節は仕事をしたと思います。ビジャのシュートをことごとく止めました。反応スピードが良かったと思います。

新戦力、若手が躍動する中、翻って青山、柏はどうだったでしょうか。

私としては先発を外れても良いんじゃないか、レベルの出来に見えました。

柏はちょっと持ち過ぎで、流れを止めるし、単騎突破という武器も鳴りを潜めてます。守備も少し緩慢だし、2失点目では途中で田中順也に付くのをやめてしまい、得点を決められました。

城福監督が真っ先に柏を代えたのも納得の出来。

青山も無難なプレーしかしてませんでした。相手の嫌なところ、急所にパスを出せるのが青山だし、それこそが青山の最大の武器だと思うのですが、ほぼ無難な横パスばかりで、むしろ稲垣の方がボールを前に出してました。

あれなら青山じゃなくて良いし、むしろ足の遅さを考えると松本大弥の方が良かったんじゃないでしょうか。

もしかすると「縦に急がない」という約束事があり、それが足かせになっている可能性もありますが、どうなんですかね。少なくともあのプレーであれば、もっと足の速い運動量の多い選手の方が良い気がしました。

あとはササショーの足の遅さも気になりました。

さて、久し振りの勝利というのは嬉しいものです。

細かく見ていくと反省すべき点は少なからずありますが、総合的に見てチームとしての完成度は高いんじゃないでしょうか。

控えを見ても代える必要はないぐらい、スタメンがベストメンバーというのは伝わってきます。

後はベンチにも入れない野津田や松本泰志が奮起してくれる事を願うばかり。そしてペレイラも戻ってきたら、かなり強い面子にはなりそうです。

あと6試合。全て勝っていくつもりで最後まで走り抜けて欲しい。

頑張れ! サンフレッチェ広島!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です