2019 第25節 ジュビロ磐田 vs サンフレッチェ広島

前半、圧倒されたものの、後半に修正してから見事に完勝する事ができました。

調子の悪い相手にしっかりと勝ち切る力を出せたのは良い事。

DAZNで観てたのですが、解説の人がやたら広島を持ち上げるのに少し違和感がありました。でも、一つだけ「なるほどなー」と腑に落ちる話がありました。

それは広島ではなくてジュビロの話で、前半に広島が圧倒されたわけですが曰く、「今のジュビロの状況は何としてでも先に点が欲しいから、序盤からフルパワーで先制点を獲りにいこうとしている」。

確かに心理的にそうなるんだろうなー、と。
でもそこを守り切られちゃうと、ちょっとした油断で先に点を奪われる。そして前半でパワーを使ってしまったチームに逆転できる力も残ってなく、そのまま終了してしまう。

まさに今のジュビロは、そういう落ちていきそうな負のスパイラルに入っている気がしました。

そしてそういう時に限って「なんでそんなシュートが入っちゃうの?」ていうぐらい滅多に決まらないようなシュートが決まっちゃうという「弱り目に祟り目」が起こります。広島の柏が決めた2点目なんかまさしくそうだと思います。

さて、話を変えて広島の方ですが、ペレイラはまだ先発には厳しいかな。歩き過ぎ。

もっともシュートの時の冷静さは今の広島に無いものだし、それこそ1試合1得点決めるのであれば先発確定ではありますが、もう少し前線で影響力がある選手の方が良いような気もします。

東は前半はさっぱり。後半で何とか、てところでしょうか。

ペレイラ、東は先発を入れ代えても良いのでは?と思いました。

青山はほぼ完全に戻ってきました。青山が入ってからの逆サイドへの大きい展開が増え、明らかに相手は手を焼いてました。後半、ウチがペースを握れたのは間違いなく青山の影響でしょう。

やっぱり青山がボールを持つとワクワク感が違います。「青山がボールを持った!」と思ったら稲垣だった時のガッカリする気持ちって伝わるかしら?

もちろん稲垣は良いハードワーク、「ボールを刈り取る」という別の魅力を持つ武器があるのですが、最終ラインからの組み立てだと…。ね?ね?

荒木は今節も相手のキーマンに負けたな、というイメージしか残りませんでした。

各チームの一番強いFWを相手にしていくわけですが、大分のオナイウ、ジュビロのルキアン共に負けたねぇ…という感じ。もっと強くなってくれ。

ハイネルは疲れてくると雑になってきます。もっと鍛えてミキッチぐらいになってくれないかな。

柏は絶好調なのか、文句なし。よく決めてくれます。あとは終盤の時間の使い方をもう少し上手くなってくれたら良いのに。

さて、無敗記録はともかく良い流れで後半戦を戦っています。あとはこの良い状態をどれだけ維持できるか。

ここまで上手くチームマネージメントを続けている城福監督も見事だと思います。

このまま油断する事なく、一つずつ勝利を目指して戦って欲しい。頑張れ!サンフレッチェ広島!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です