2019 第24節 サンフレッチェ広島 vs 大分トリニータ

うーーん、勝てんか…。

ちょっとドウグラス・ヴィエイラは外しすぎでしょう。試合内容は良かったのに最後の仕上げが良くありませんでした。

こういう時こそ渡のガツガツさが欲しいんですけどね。

ペレイラもドウグラスも似たような感じなので、交代で入ってもどうなんでしょうか。どっちも上手くボールを収める上手さがあるんですけど、ドウグラスは決定力が無いし、ペレイラは体力が無い(決定力は分かりませんが)。前線で収める能力は凄く便利ですけどねぇ。それはもう本当に。

やっぱり少しタイプを変えて渡のようなガンガン仕掛ける人が欲しいな、と思います。

東は積極性を出してきました。前にボールを運ぶ力もそうだし、守備でも頑張ってました。右足がポンコツ気味だったので、あの辺のレベルアップが出来ればかなり良いのではないでしょうか。

東、森島の2シャドーは積極性があるので面白いですね。

川辺もシャドーに入ると凄く良い感じです。磐田に行く前はシャドーだったわけだし、やっぱり適正はあるのでしょう。急所を突くプレーを狙っているからワクワクさせられます。

大分の攻撃で一番怖かったのはオナイウ目掛けてロングボールを蹴られる事ぐらい。
それぐらい荒木はオナイウ阿道に完敗だったと思います。

なんか途中から荒木にボールが戻るたびに守備のスイッチを入れられて窮屈なパス回しを強いられてしまってました。それぐらいオナイウに「あ、こいつ勝てるやん」と思われてしまった節を感じました。

荒木のハイボールの強さは魅力ですが、プレーが素直過ぎるので中央でボールを捌いていくのは荷が重い気がします。ただ、対人が強いから一番強力なところに置きたい気持ちは分かります。難しいですね。

今節は勝たなくてはいけない試合内容だったと思いますので、とにかく残念でした。体を張った大分の粘り勝ち。(いや、勝ちではなくて「粘り分け」か)

収穫として、東がまたゲームに絡めるようになってきた事、青山のコンディションが徐々に上がってきた事が挙げられるでしょう。ただメンバー交代が固定されつつあるので、もう少し変化が欲しい気はします。具体的にはペレイラではなく渡ですね。

なんなら先発にペレイラを持ってきても良いし。それで走れなくなった時点で即交代させれば良いんです。ペレイラ、ハイネルと約束された交代枠が2人も居ると不測の事態に対応できない可能性もありますが、まぁ物は試しにどうでしょうかね。

東ではなく渡、でも良いし。ドウグラスでもなくペレイラでもなく渡という手もあるし。とにかく変化をつける選手が欲しいところ。

今季はもったいない形で勝ち点を落とす事が多い気がします。そういう「あとちょっと」で届かない悔しさを身につけてチームとして強くなってくれれば良いのではないでしょうか。

残り10節。
悔いが残らないように良い形で、最後までやり切って欲しい。

頑張れ! サンフレッチェ広島!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です