2019 第18節 サンフレッチェ広島 vs セレッソ大阪

先発を見た時にビックリしました。

「え?吉野、柴崎のボランチ!!??林の先発!!??」

あれって、緊急事態で仕方なく組ませたものだと思っていたのに、まさかの継続をしてくるとは思いもよりませんでした。結果、中盤スカスカ、プレスも形だけで本気が伝わってこない、ボールが回らない、早々の失点。

後半に人を入れ替えてゲームを作れるようになるって…。最初から出来る事があるやろ!

鹿島戦から何ら変わらない試合展開にちょっとイラっときました。取り返す力はあるんだから、それならそれを先制点に注げよ!と言いたいですね。

林は衰えたのか、コンディションが戻っていないのか。厳しいコースとも思えないフリーキックであっさりとゴール割られるのを見るとガッカリしかありません。大迫はベンチにも入っていませんでしたが、どうして?怪我?

ここにきて川辺をシャドーで使うのはなぜ?普通に川辺、稲垣のボランチで良いじゃん。まだ柴崎のシャドーの方がやってる分、安定感あるでしょう。(攻撃の迫力は知らんけど)

試合前には「川辺、松本泰」の両ボランチからスタートして早い時間帯で松本→稲垣、更に攻撃のギアを上げるためにシャドーの柴崎→青山で川辺がシャドーポジションに上がる、みたいな川辺を中心としたトピックができそうな妄想をしてたんですけどね。だからこそ、先発を見た時に余計にズッコケました。

ハイネルは個が少し出てましたね。何度かのチャレンジ、成功にも繋がっていましたし、今後に期待が持てます。あとクロスの質も結構良いし、面白いアーリークロスもありました。上下動も頑張ってましたし、エミルが復活すればこの2人で充分に回せると思います。

パトリックもかなりコンディションが戻ってきたと思います。猪突猛進から一転、周囲も見れているしちゃんとパスも出せます。あとはパスの質だけ。本当にそこだけ。(全部ズレてましたからねぇ…)

しかしリーグ後半に入って、頼もしい選手が戻ってきました。

野津田はねぇ…。あれなら絶対に渡でしょう。相手の形を崩せる選手じゃないと入った意味がありません。シャドーでかき回す渡をもっと見たいところです。散々暴れた後での柴崎(大人)なら話は分かるんですけどね。

試合中での出来、不出来が色々あり、安定しませんが底力は付いてきたような気がします。誰が出てきても上手いしね。チーム力はかなり上がってきているのではないでしょうか。

あとは勝ち切る力が欲しいところです。とにかく試合の入り方はよく考えて欲しい。

とりあえず勝ち点40までは15。
まだまだしんどいですが、調子の良い選手を入れ替えながらチームとして勝利を目指して欲しいですね。

頑張れ!サンフレッチェ広島!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です