2019 ACL ラウンド16 鹿島アントラーズ vs サンフレッチェ広島

あの土井の単騎突破さえ防げれば…!

日本勢対決となった2019 ACLの準々決勝は鹿島アントラーズの先勝で前半戦が終了しました。

最初からピリッとしなかった野上。いつものようにボールを前に運ぶ事もせず、すぐに戻し、ボールも受けず、パスの精度は最悪。疲れてるなら出さないで欲しかった。

失点シーンにしても、土井がPA内まで侵入してから慌てて対応してたけど時すでに遅し。深い位置からクロスを上げられ中林がズッコケてる間にセルジーニョにがっつり飛び込まれ先制を許しました。

危ないシーンはほとんど作られませんでしたが、あのシーンでやらかしたのが全てですね。

最後まできっちりとウチの攻撃をシャットダウンした鹿島に強かさを見せつけられた試合だったと思います。

鹿島はレオシルバと土井が効いてましたね。んで、全員ミスをほとんどしない。湘南に勝ったとはいえ、個の能力が高いチームには、なかかなか思い通りにはいきません。

ただ、歯が立たなかったわけではなく、何度か仕留めれそうなシーンはありました。それを決めきれるかどうか、ですけど。

稲垣はもったいなかった。猛省せい、としか…。

これだけ強度の高い相手だとドウグラス・ヴィエイラのペラさが目立ちます。かといってパトリックも本調子ではないし、ボランチは稲垣も出れないし。

そう考えるとメンバーは結構厳しいですね。
とりあえず得点を狙わないといけないので、清水を外してスタートは東で行くべきでしょう。ボランチはどうでしょうね、(一番は青山の復活ですが)松本大弥を抜擢するか柴崎か。でも柴崎だと後ろが重たくなるからなぁ…。

次戦は相手に得点を与えず得点を奪わないといけない、という難しい試合を強いられます。城福監督がどういう判断を下すか、見ものです。

私としては湘南戦、そしてこの試合でも継続できた、前からの積極性を失わずに心がムービングするような試合をして欲しい。結局、守備もその方が安定しますし、なによりやっている選手が「面白い」というのであればやらない理由はありません。

敗れたとはいえ、最小失点というのが救い。
まだチャンスは残されています。頑張れ!サンフレッチェ広島!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です