キリンチャレンジカップ 日本代表 vs トリニダード・トバゴ

あれだけ試合を支配して、あれだけシュートを撃って無得点の引き分けって…。

色んな約束事が全然整備されていないけど、ある程度形は作れたし、得点が入っていればまた違った印象だったのかな?という試合。

森保監督の「信頼した選手、固定化」問題は徐々に表面化しています。

堂安、柴崎はもう序列を下げてエエやろ。なんで日本代表の場が柴崎のリハビリテーションセンターになってんの?

堂安はなんかした?走りながらのトラップが下手過ぎてPA内で何回ボールを弾いてんの?もう呼ばなくても良いでしょう。それが彼の為にもなると思う。

長友は個人で勝負にいくタイプじゃないから、このシステムだと活きない。原口で良い。

中島は何かしてくれそうで良かったけど、システム変更に伴う戸惑いで周囲との連携が取れなかったから実力が出し切れなかった感じ。

冨安は変化をつけようと何度か攻撃に加わってたし、良かったと思います。

大迫は何か違ったなぁ。ボールを持て過ぎた側面があったので、ロングカウンターも狙えなかったし、前が詰まり過ぎた感じですね。ちょっとやりにくそうでした。

まだまだお試しという部分があるので、チグハグなところは大目に見てあげたい。それでもあれだけあったチャンスを一つも決められないというのは猛省して欲しい。

これからコパもあるし、代表をどうやって底上げしていくのか楽しみですね。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です