2019 第11節 ベガルタ仙台 vs サンフレッチェ広島

アカン!これはアカンすぎるでしょう。

ドウグラス・ヴィエイラの復帰で野津田の先発落ちは分かるし、それがすぐに得点という形で現れたのも良かった。しかし先制点後の、特に後半からのドン引きには見てるこっちがドン引きしました。干潮ってレベルじゃない。

後半、野津田が投入されてから、彼が守備のスイッチを入れようにもベタ引き過ぎて全然人が居なくてハマらない、なんて見るのは今シーズン初めて?ぐらい柏をはじめ、全員がゴール前にリトリートしてました。

しかもあれだけベタ引きしているのに何回も裏を取られるって、何してんの?

「どうしても勝ちたい」という気持ち、連敗が尾を引いてますね。あまりにも弱腰すぎて、間違いなく今シーズンのワーストでしょう。

逆に守り切れなくなった事で吹っ切れて欲しいですね。先制したらベタ引き、じゃなくて、名古屋戦やマリノス戦で見せた「1点ビハインド」ぐらいの気持ちで90分を通して勝ちに行く気持ちを見せて欲しい。

試合を通して、2-1のスコアがおかしいくら両GKが頑張ってました。大迫も日本代表GKに負けないぐらい致命的なシュートを何度も止めたし、ドウグラス・ヴィエイラはハットトリックをするべきだったし、お互い決定力がないのか、GKが良いのか。

…。よく分からなくなってきたけど、キーパー対決ではウチの大迫も負けてなかったです、て事。

城福監督は先制点を決めた後のプランが要改善です。
あの戦い方をするのなら絶対に勝ち切らないとダメです。勝たないと誰にも認めてもらえないサッカーです。ササショーの影響があったのか分かりませんが、後半の「守り切りたい」戦いを良し、として欲しくありません。もっとボールを持って押し込まないと。あと、絶対にシュートで終わる意識を持たないと。

柴崎は珍しく逆起点になってよく奪われてました。前で持つと良いパスが何度かあるのですが、マイナスの方が目立ってました。もっと早く交代でも良かった。

逆にエミルは攻撃のところで良い抜けだしがあって、ここ最近では良かったと思いますが、守備のところは相変わらずルーズかな。

パトリックを出すなら皆川の方が良くない?

ドウグラス・ヴィエイラは懐が深いですね。足が長いという身体能力をしっかり活かしたキープはさすが。でも決定機を2回外したのは残念。しかし確実にプラスにはなっています。

吉野は最後の防波堤になり切れてない感じ。仙台の2トップに翻弄されてました。

あれだけ引いちゃうと川辺の良さが全く出ない。

気になったのはそんなところでしょうか。

ドウグラス・ヴィエイラが戻ってきたのなら、渡を2シャドーに据える事が出来ます。そして渡を活かすならもっとスペースを与える方が良いし、そうなるとドリブルでゴリゴリ行く柏よりは清水が良さそう。

今節の出来だけでいくと、柴崎を下げて渡を右のシャドーポジション、野津田を左のシャドーでスタートする方が良い気がします。エミルは良かったし、途中出場なら清水という頼もしい人材も揃っています。

これぐらい中位に下がったのなら、変に首位争いをするよりも、もっと気楽にシステムや人をいじれると思います。

現有戦力で最大限の力を発揮できるように城福監督には頑張ってもらいたい。

あと後半のようなドン引きをするなら、絶対に勝ち切らないと誰も評価しません。猛省して欲しい。

次節は下位に低迷しているとはいえ、ガンバ相手に快勝を収めて勢いが出てきそうな鳥栖が相手です。

落ちているチームと上がってきているチームという組み合わせで、嫌な予感しかしませんが、気持ちを引き締めて強い気持ちで試合に臨んでください。

頑張れ!サンフレッチェ広島!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です