2019 ACL グループステージ サンフレッチェ広島 vs 広州恒大

完璧な試合だったと思います。

できれば追加点が欲しかったところですが、結果として勝ち点3を取れたのが一番。

試合の入りでガツンと行き、流れを渡さないままに先制点を奪いました。後半に入り、広州恒大がアグレッシブに来た事もあり、なかなかボールを持てませんでしたが、相手にチャンスらしいチャンスを与えず、シュートもPA外ばかりだしコースも限定できていたので、ほとんどの時間帯で安心して見ていられました。

唯一のピンチは野上がゴール前で強いシュートを体に当てて弾いたシーンぐらいでした。ここ最近、1試合で必ず一度は危ないシーンというのは訪れますが、今回はしっかりと弾く事ができました。(逆に言うと1試合で1度ぐらいしか決定的なチャンスを作らせていないのが凄いけど)

これで一試合を残してグループステージは突破です!
このアドバンテージはとても大きくて、次戦はアウェイで行われるメルボルンビクトリー戦ですが、完全ターンオーバーができます。リーグの先発メンバーは全員日本に残る事ができるのは良かった。本当によく勝ち切ってくれたと思います。

この試合で印象に残ったのは荒木、森島、清水でしょうか。
リーグでいつ先発に抜擢されてもおかしくないレベルだと思いました。というか、エミル→清水、野津田→森島にして欲しい。

東は珍しくサイドだったから、なかなか良さが出なかったし、クロスもワロスだったでのですが、ボールを運ぶ能力はやっぱり高いですね。もっとリーグに絡んで欲しい。

出ればボロクソに叩かれる皆川。この試合は良かったんじゃないでしょうか。一番大事な「前線でボールを収める」タスクはパトリックよりも遥かに上でした。逆にパトリックはコンディションが全然上がって来てないように見えます。空中戦も負けるし、パスもズレまくるし、ドリブルにもキレが無し。

今の段階だと「皆川 > パトリック」かもしれません。

野津田は相変わらず守備は抜群だけど攻撃の物足りなさはどうしたものか…。でもこの試合では囲まれても奪われない強さは見せれたと思います。若干ですけどね、若干。

荒木は成長曲線が凄まじい右肩上がりじゃないだろうか、と思うぐらい素晴らしい。佐々木、吉野、野上に割って入るのはなかなか至難だとは思うけど、この状態をキープ出来ていれば、いずれチャンスは訪れるはず。

城福監督の後半、どうだったのかしら?
交代には納得だけど、配置が変にいじり過ぎじゃなかったかな。柏を右にして清水を左に回したけど、そのまま柏は慣れた左でやらせるべきだったと思います。恐らく渡との相性を考えて清水を左に回したんだろうけど、なんかチグハグな感じでした。柏も目立たなかったし、途中から渡は右に行ってたし。ん?なんで?という謎でした。

まぁ結果が全てですから、5試合で勝ち点12という荒稼ぎは凄い。アウェイの大邱戦で勝てたのが本当に大きかったですね。

とにかくこれでグループステージ突破という最低限のノルマは達成する事が出来ました。
そしてこの勝利はリーグにも好影響を与えると信じています。頑張れ!サンフレッチェ広島!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です