2019 第6節 ヴィッセル神戸 vs サンフレッチェ広島

前半は目も当てられない状況から後半は巻き返し。

短時間で3点を奪い一気に逆転して、何とか連勝を継続できました。

神戸は古橋が凄いかと。
あそこまでササショーが苦労するのを見るのは久し振りです。サイドで単騎突破できる選手は貴重なので堂安よりもよほど活躍できそうな気がします。一度、日本代表で見てみたい。

逆に言うとストロングポイントが、その古橋とイニエスタのプレーなので後半はそこばかりになってしまったな、と。

前半はポドルスキ、サンペール、山口と強いところが出ていましたが、後半になると山口は守備でのカバーに奔走、ポドルスキとサンペールは散歩になっていたので、ボールが危険なところには運べていませんでした。

ウェリントンも前半は猛威を奮って、ハイボールに全て競り勝ち、セカンドボールを神戸に回収されていたので苦しかったのですが、後半は何とか対応出来てきていました。

逆転してからは分かり易いぐらい神戸の足は完全に止まってしまい広島のゲームになりましたが、前半の出来は最悪だったと思います。

神戸に気持ち良くプレーをさせてしまい、肝となるイニエスタを自由にさせ過ぎました。失点はセットプレー2つだったのですが、特に2失点目は猛省するべき。あまりにも気を緩めすぎ。

2失点しましたが、大迫のハイボール処理は完璧。取れる時はしっかりとキャッチに行き、反応の速さでも安定感がありました。

吉野、野上はウェリントンに敗北したと思った方が良い。あれだけ前が追ってGKに蹴らせるというお膳立てをしたのに、全部ウェリントンに当てられてセカンドボールを回収されていました。もっと自由を奪わないと。

後半はある程度対応できていましたが、前半の苦戦の原因を作ったのはそういう球際の部分、守備の部分なので気を引き締め直して欲しい。

そして現状、パトリックは先発させない方が良い。
パトリックに目掛けたロングボールが多くなるうえ、全くセカンドボールを拾えない。ボールを捨ててるようなプレーが多すぎる。城福監督はそろそろパトリック作戦をアップデートするべき。やるなら裏を狙ってパトリックを走らせるぐらいでしょう。

あのボール廃棄を繰り返すなら、まだ皆川を起用した方がまし。それはそれで動き出しや反応の遅さでストレス溜まるんだろうけど、この試合ではまだパトリックよりもボールに関われた。まぁゴールしてナンボですけど。

渡はノッてますね。2得点とも「入るかね!?」というギリギリのコースでしたが、それが入っちゃうのが絶好調の顕われだと思う。これは柴崎が戻ってきても渡を先発にしておくべきでしょう。

川辺は在りし日の柏木や高萩みたい。後半に入っても一人だけ前半と同じ動きで猛威を奮うみたいな。素直に凄い。

あとエミルじゃなくて清水にしても面白いと思います。前節、というか2~3戦前から思ってましたが、エミルはそこまでスペシャルじゃないでしょう。だったら調子が良い清水で良いじゃん、って気がします。

さて、もったいない失点により無失点試合も途切れましたが、2失点ともセットプレーから。よく考えると崩されたり、流れの中からという失点はありませんでした。

そういう意味でも2失点とはいえ、タレント揃いの神戸にアタッキングサードでほとんど仕事をさせなかったのは一定の評価が与えられても良いでしょう。前半耐えて、後半に自分達の流れに持ってきたのも素晴らしいと思います。

次節は前半戦の首位攻防戦となります。
あの鹿島を粉砕したFC東京が相手となりますが、ディエゴ・オリヴェイラと永井をどうやって抑えるか。そこがカギとなります。

粘り強い守備で相手にスキを与えず、攻撃はシュートで終わる事を意識して90分間集中してやれればチャンスはあると思います。

頑張れ!サンフレッチェ広島!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です