2019 ACL グループステージ サンフレッチェ広島 vs 大邱

グループステージ突破に向けて負けられない一戦。

ホームという事もあり、是が非でも勝ち点3が欲しい広島はリーグ戦から守備陣は変えずに万全の態勢で臨みました。

結果は序盤に2得点をした広島がしっかりとリードを守りきり無失点で勝利。素晴らしい結果となりました。

最近のリーグ戦のスタメンで影響力があるのが柏、川辺、佐々木、大迫と思っていましたが、そのうち柏以外が出場。かなり本気で勝利を獲りに行ってるなぁ、という感じ。

柏ではなく清水でしたが、これは状態の良さからよほど清水を使いたかったのでしょう。ガンガン前に行く柏と比べて抑え気味。逆にそれが渡の良さを活かせているようにも見えて、相性ってあるのね、と感じました。

パトリックの負傷もあり、ドウグラスが1トップになったのがちょっとリーグ戦に向けて不安要素になるかも?と思いました。(疲労という面で)

それ以外は、そこまでリーグ戦に影響は及ばないかな。

東、渡、清水、稲垣。
リーグ戦のスタメンでも不思議はないぐらい良いプレーでした。特に2シャドーの東と渡は再三にわたり、前に仕掛ける姿勢を見せて相手チームを慌てさせました。あれだけシャドーの選手が仕掛けてくれると相手も対応に苦慮しますから、相当良かったと思います。何より簡単にボールを失わないのが良かった。

ゲームの組み立てという面では稲垣よりも松本泰志でしょうか。

川辺は絶好調ですね。今回のスタメン起用を見る限り、城福監督としても「外せない」選手になりつつあります。ここにきて3バック(吉野、佐々木、野上)+川辺が軸なのは間違いない感じがします。井林、荒木にもっと出てきて欲しいですけど。

皆川は不運なレッドでしたが、試合に影響を及ぼすものではありませんでした。

エミルは飛び出すタイミング、クロスの質は一定以上ありますが、そこまでスペシャルではないと思います。しょうもないパスミスや慌てるシーンも多いし、野上とエミルが絡む右サイドで相手に詰められる事が多いのも課題ですね。

アジアでの戦いはホーム勝利、アウェイ引分けが目標。アウェイの広州恒大戦は試合の入りをミスしてもったいなかったですが、少なくともホームでの2戦は勝利できました。

次戦は大邱とのアウェイ戦。
大邱はこの試合で敗けた事で、相当の勢いをもってホーム戦を戦ってくる事でしょう。

ここを凌げはグループステージ突破は見えてきます。
頑張れ!サンフレッチェ広島!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です