2019 第5節 大分トリニータ vs サンフレッチェ広島

中断明けという魔物、好調の大分トリニータという事で、戦々恐々としていましたが、見事に無失点に抑えての勝利。

守備のところではやられそうな気配はほとんど感じる事もなく、危なげない勝利で連勝を重ねる事ができました。

特に良かったのは、後半開始でギアを上げて相手のビルドアップのミスを何度も誘発し、その流れのまま得点を奪う事が出来たところ。まさに狙い通りという、微かながら強か(したたか)なところを感じました。

そして得点を奪った後は、無理に前から奪いに行く事もなく、引くところは引いて狙うところは狙う、という集中を切らさずメリハリの利いた守備で、相手に何もせずに試合をクローズさせました。

一言でいえば「素晴らしい」と言えるのではないでしょうか。
相手のストロングポイントである藤本を全く目立たせる事なく試合を終わらせた吉野も誇らしい。

ドウグラス・ヴィエイラはもう少しフィジカルが強くて単独でボールを収める事が出来ればもっと良いんですけどね。最後はバテてましたが、最前線からの守備をサボらずに頑張ってたのは素晴らしい。

野津田は一番最初に交代させられたのも納得の出来。
何だろ、レンタル前の方がもう少し良かったぐらいに感じるんですけどね。体幹が強くて奪われないし、良いところにパスを出せるし、左の飛び道具も精度が高かったはず。特に今節はトラップで奪われる、パスがズレる、コーナーキックの精度も悪い。と、悪目立ちの方が多かった気がします。

ササショー、柏、川辺は完璧に近い。
特に川辺は遂に広島でブレイクスルーを果たせた感じがします。足が速くなったカズみたいに見えました。青山、カズ以降のボランチ問題に川辺、松本泰が名乗りを上げたと、今のところは思えます。それぐらい(特に守備の面で)中盤の安定感をもたらしてきています。

松本はもう少し。自分で持ち出すシーンを作れるようになると良いんですけどね。

あとは攻撃陣との絡みもありますが、どれだけ前にパスを預ける事ができるか、どれだけ攻撃に厚みを加える事ができるか、のところでしょう。まぁ、ここまでの5試合で確実に上積みはあります。

そしていよいよいここから地力と実力揃いとなる強豪との対戦に入ってきます。

ガンバ、神戸、FC東京、名古屋、横浜と、攻撃力がバカ高い相手とばかりになるわけで、ここまでの守備力が試される事となります。

次節はファン・ウィジョ、アデミウソン、小野瀬に加えて倉田、藤春とか名前だけで胃が痛くなる相手ばかり。

藤春と対峙する事になるであろう野上が少し不安ですが、確実にレベルアップをしている吉野、全盛期に戻りつつあるササショー、走り回る2ボランチを中心に守備のところでは綻びを見せずに、攻撃のところでは良いカウンターやサイドの攻防で相手を上回れる事ができればこちらにも勝機があるでしょう。

今、出ているメンバーは今後もスタメンに名を連ねるためにもここからの正念場で奮闘して欲しい。

頑張れ!サンフレッチェ広島!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です