2019 第3節 セレッソ大阪 vs サンフレッチェ広島

本当に久しぶりの勝利。ありがとうございます!!

後半からの都倉、高木、水沼という、サンフレッチェにとって悪夢でしかない交代が立て続けに襲ってきて、生きた心地がしませんでしたが、何とか虎の子の1点を守り切る事が出来ました。

試合はもちろんの事、メンバーや交代枠を含めて色んな意味で大きな、本当に大きな勝利を得たと思います。

セレッソは今のサンフレッチェと同じ悩みを抱えているみたいで他人事とは思えませんでした。
ボールは保持できても効果的な攻めが出来ない。崩す形が見えず、相手に脅威を与えられない。セレッソもサンフレッチェも苦心しているなぁ。

ただ、ウチは何とか勝利を出来たので、これをキッカケに浮上していければ…という感じ。ACLの次戦はもちろんの事、リーグ次節の松本戦がとても重要になります。絶対に敗戦だけは避けて欲しい。

試合の方ですが、前半は良かったと思います。
「前から行くぞ!」というチーム全体の共通認識も感じられたし、実際に良い形で奪ってショートカウンターのチャンスを何度か迎えました。どうしても最後のところでモタついたり、シュート精度が低かったのがまだまだ課題ではあるものの、気持ちが強いサンフレッチェの方にボールが転がってきたのは偶然ではないかと。

後半、圧倒的に支配されましたし、前述のようにゴラッソばっかり喰らってる3選手が入ってきて、最後の20分が永遠のように長く感じられましたが、相手の拙い攻めも手伝って、何とか守り切りました。

まぁこれには原因はあると思いますが、野津田、川辺、エミルという、今のサンフレッチェの顔を全部下げて、交代で入った選手が荒木、清水という守備の選手であった事でしょうかね。森島はもうちょっと頑張らんとアカンですが、チーム事情的に「守備」にシフトしていたので致し方ない部分もあります。ドウグラスもACL→リーグと立て続けなので、終盤は足も止まっていました。

城福監督、よくこんな交代を敢行したな。スタメンを含めて交代枠でも勝負をしたなぁ、という印象。
リーグで完全に分析されているパトリック。コンディションを含めて、なかなか良い感じに戻らないのもあってか、それとも怪我の影響もあるのか?敢えて先発から外し、交代でも使わずACLにぶつけていく感じ。これは個人的には称賛に値します。

いや、交代でも使わないのはどうか?というのは今でも思いますけどね。結果として清水航平のモチベーションも上げる事が出来てなおかつ勝利もできたので、大正解なのは間違いないですが「トドメを刺す」「試合を終わらせる」という意味でも最後の15分ぐらいでパトリック投入、ロングボール裏狙いで充分セレッソを慌てさせる事ができたはずです。

いや、まぁ言うまい。
少なくとも荒木、森島、清水と、ある程度結果を見せた選手をちゃんとリーグにも絡めるよ、起用していくよ、というフラットなチーム内競争の活性化は果たせたわけですから。

野津田、川辺とも交代には不満そうでしたが、裏を返すと「ACLの為にも少しでも休ませたい」という城福監督の考えだろうから、「頼りにされている」と思った方が良いです。それだけゲームに影響を与える事ができるという信頼があるんだと。

という事で、ACLのメルボルン戦ですが、パトリック先発は間違いないでしょう。もしかすると早めに交代した野津田も先発するかもしれませんが、川辺と共に後半の起爆剤で考えているかもしれません。

今節のスタメンや交代を見ると、城福監督の本気が感じられて良いですね~。

あと、荒木は空中戦で都倉に勝てているのを見ると、もはやスタメンに入れて欲しい。今の野上は酷すぎる。対応も緩ければパスも緩い。

3節を終えて勝ち点5。
これは悪くないと思います。しかもメンバーをガラリと変えてシステムも変えているわけですから、そういう中で負ける事なく勝ち点を稼げたのは良かったかな、と。

今節では前半だけですが、良い形でショートカウンターも発動できていたし、良い働きをした選手が試合に絡んでいくという、健全なポジション争いもありました。今のところ、チーム環境は良さそうに見えます。

何回も書きますが、あとは攻撃のところ。特にシュートはせめて枠に飛ばして欲しい。セレッソを見ていると枠外のシュートがなんと安心感のある事か、と改めて気づきました。もっと相手GKを脅威に晒すべき。シュート練習、しっかりね。

ACLのグループステージ。相手が誰であろうとホームなので、必ず勝ち点3を取りきりましょう。(かといって色気を見せて、直近のリーグメンバーを沢山出さないで欲しいですけど)

頑張れ!サンフレッチェ広島!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です