2019 アジアカップ 準決勝 日本代表 vs イラン代表

大迫以前、大迫以後。みたいな感じですね。

大迫が入るだけでこれだけ攻撃に厚みが出るものかと。
もっとも大迫が居ない時に、大迫と同じような役割をさせようとする森保監督のマネジメントが悪いという向きも確かにありますが、今のところ大迫ジャパンというのは仕方なしなのか。

あとここに来て柴崎の状態が上がってきているというのも大きかったです。ボールを失わず、前への推進力を上げて日本の攻撃を牽引しました。

ラストピースとして吉田の代わりに昌子を入れて鹿島のセンターラインにすれば完璧な気がします。これを軸に色んな人選をやっていく感じで。

試合については文句なしでしょう。
イランは昔のオーストラリアの如く、ロングボールでの裏取り、こぼれを狙ってくるというシンプルな戦術でした。

日本としてはそのロングボールへの処理さえ間違わなければ危険なところは無い、という自信に満ち溢れていたようです。事実、権田の「いつもの」フィードミスから危険を招いた以外は何も起こらなかったといって良いでしょう。

これには若きセンターバック冨安の活躍といっても過言ではありません。全てといって良いほどイランとのロングボールの競り合いに勝ってました。初戦は危うさを見せましたが、明らかに大会を通じて大きく成長していますね。頼もしい!

先制は「笛が鳴るまでプレーを止めるな」というお手本のようなシーン。南野がPA付近で倒れた瞬間、イランの選手はインプレーにも拘わらず選手がプレーを止めて4~5人主審に「シミュレーションじゃないか!」と抗議に行き、南野はそのままボールを追いかけてからゴール前へクロス。走り込んだ大迫がドンピシャで合わせてゴール。

空回っていた感じのする南野ですが、この試合では3得点全てに絡む活躍。90分を通して前からの守備も頑張りました。

逆に堂安はドリブルが読まれて効果的な崩しは見せられず。ちょっと壁にぶつかっている気がします。

さて会心の勝利をした事で森保監督に対するネガティブな論調も少しは収まる事でしょう。サッカー番長(笑)を除いては。

厳しい戦いを勝ち抜いてきて、残すは決勝戦のみ。

どちらが勝ち上がってきても油断なく戴冠をつかみ取って欲しい。頑張れ!森保ジャパン!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です