2019 アジアカップGS 日本代表 vs トルクメニスタン代表

明けましておめでとうございます。

平成最後の2019年が始まりました。どんな元号になるのでしょうか。サンフレッチェはACLと両立できるのでしょうか。

始まって10日ですが、既に2019年に馴染んでいます。では今年も宜しくお願い致します。

という事で、アジアカップです。

森保ジャパンの初公式戦という事で注目も集まるし、離脱者続出で総合力が試される大会となりました。

特に森保ジャパンの顔となりつつある、中島の離脱は痛いところですが、それを乗り越えてグループステージ突破、優勝を目指せるのか。楽しみにしたいところ。

そういった思いを抱きながらの初戦、いやぁ…厳しかった。

とにかく中盤がスカスカなのが気になるし、槙野、吉田両名の不安定な最終ラインの上、簡単に裏を取られるし、ちょっとリスク管理が甘すぎでしょう。

まぁ柴崎、冨安の両ボランチは無い!柴崎は守備のところで全然フィルターになってないし、試合勘も悪い。冨安は視野も狭いし、柴崎と同じで潰し役になれていない。

相手はボールを持つとかなり自由に出来ていたぐらい強度が不足し過ぎ。前線がボールを追い回してパスコースを限定しているのに、それに付いていけてない後ろはどうなん?

相手をリスペクトしているのだろうけど、それを感じられないぐらいルーズで緩い守備と攻撃でした。まぁ気候が気候だけに、闇雲に動き回って体力を消耗してもいけないでしょうが…。

原口、長友、堂安、大迫あたりは頑張っていたと思います。

特に原口は後半から左サイドいっぱいに張るようになって、大きな展開が作れてきたのは大きかったです。長友も守備のところは疑問符が付きますが、よく走って2点目のアシストもしました。

逆に酒井宏樹は消極的なうえ、守備でも対応が後手後手、攻撃参加も効果的なものがなく悪い点ばかり目に付きました。もう塩谷でエエやん、と思います。地元だし、コンディションも問題ないでしょう。

柴崎、冨安、槙野、酒井あたりはメンバー変更も視野に入れた方が良いと思います。特にボランチは中盤の守備がスカスカになるので急務だと思います。

頑固な森保さんが入れ替えをするのか怪しいですが、疲労や長丁場を考えても人の入れ替えをやっていかないと戦えません。監督としてのチームマネジメントが試される大会でもあります。

不測の事態に備えて、色んなメンバーで戦い方を共有していくのも大事。次戦までにこの課題をしっかりとクリアして良い状態でグループステージを突破できるように応援しています。

頑張れ!森保ジャパン!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です