2018 第24節 セレッソ大阪 vs サンフレッチェ広島

ここで一句。
『パトリックが 1対1を決めるとこ 観てみたい』

一句というかただの感想なんですけど、なんで最後までドキドキさせられるのか。パトリック、吉野がしっかりと決めていればセーフティーリードで終わる事が出来ていた試合だったと思います。

最後、セレッソのセットプレーは「決めるところを決めないと罰を受ける」典型パターンだなぁ、と思ってましたが、なんとかしっかりと弾いてお咎めなし。粘り強さが戻ってきたというべきでしょうか。

野上、水本が復活して早速無失点でゲームを締めました。

野上の寄せの速さと対人の強さで事なきを得ましたが、もしこれが千葉ちゃんだったらヤバかっただろうな、というシーンは何度かありました。今のところはこの2人のセンターバックは不動でしょう。

青山、稲垣も良かったと思います。ゲームを作る青山とボールを奪う稲垣。明確な分担はないものの、お互いの良さを引き出しあってます。

和田は少し持ち過ぎかな。もっとシンプルにボールを動かして欲しい。上手いけど危なっかしいところも多いです。来季は宮原が戻ってくるだろうし、和田との争いは面白くなりそう。

今節は柏残しで「柴崎→吉野」という選択。これは悪くなかったと思います。

展開的に2枚だけしか交代を使いませんでしたが、変にバランスを崩すよりも良い形で守れていましたので良策だったでしょう。

何となく気になって見てましたが、確かに柏の守備は少し強度が足りないですね。ボールホルダーを放しちゃうというか、相手に寄せきれない事が多く、それで相手にボールを運ばれる事がよくあります。守りを固める時に柏を下げたくなる気持ちは分かりました。(でもそれは吉野じゃなかろう、とは思いますけど)

まぁ柏の場合は守備のデメリットよりも攻撃のメリットが大きく上回っていますから最後まで残すべきですよね。

リーグ開幕後、不安定な戦いが続きましたが水本と野上が戻ってきて、「また、ここから」です。どちらかが怪我をしたらヤバイという状況は良くないですが、今のところは怪我をしないように祈るのみ。(吉野にセンターバックを頑張って欲しいんだけどな)

あとは決めるべきところで決める事ができるか。ここは本当に大事。
まぁどのチームもそうですが、今のところは川崎の小林か名古屋のジョーぐらいかな。「あ、貰った」というシーンを確実に決める事ができるのは。あとはイニエスタ?

次は鹿島戦。
金崎が居なくなって、解き放たれたように活躍する鈴木優磨。やたらファールアピールが多く、FWとして勝負をしないので私は好きじゃないですけどね。水本、野上にしっかりとマークしてもらって久し振りの連勝をしてもらいたい。(あと遠藤ね。遠藤は好き。もちろん対戦相手としては嫌い)

緩むことなく、先制しても失点しても落ち着いて、90分間でしっかりと勝ち切りましょう。頑張れ!サンフレッチェ広島!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です