2018 第23節 サンフレッチェ広島 vs 川崎フロンターレ

んー、何というか実力通りの結果でしたね。

後半11分の先制点までは完璧なプランだったと思いますが、そこからギアを上げてきたフロンターレに手も足も出ない。いや、千葉は手を出したか。

完全に自陣に張り付かされ、苦し紛れのボールはすべて回収され、パトリックには2~3人で囲んで奪い取られ、プロvs大学生の試合を観ているような感覚に陥るほどボコボコされました。

溜まりに溜まった疲労とメンバー固定(+お決まりの交代パターン)による停滞感がアリアリと見えた広島では敵うはずもありません。とにかく先制点を奪ってからの試合運びが酷い。

なんでここまで全く有効打にならない柏→吉野をやるのかな?あの交代を見た瞬間、「あ、勝つ気ないんだな。というか負ける気なんかな…」と思いましたが、本当にそうなるから笑えません。

キーパーとの1対1を当たり前に決める事ができる人材居ないんすかね?渡も外しやがる。

疲れて雑になるパトリックを残してチャンスを潰していくのは何故?

今のところ千葉ちゃんの復帰はマイナスにしかなっていません。
1失点目、柏とササショーは論外だとして、完全に誰も居ない左サイドを侵入してきてるのだから自分のポジションを捨ててすぐにカバーに入るべきところで、何故か一度ディレイして後ろを確認してから慌てて対応に行くけど、もうその時には致命的な位置まで侵入されてました。パスもシュートも限定できない、あの判断と対応。なんだ、あれ?

ゾンビのようにフラフラしてるだけで、相手へのプレッシャーも緩いし、プレースピード、判断も遅い。どう考えても千葉はコンディションが悪いか、単純に衰えてます。

言いたくないけどさ、もう少し千葉の復帰が遅れていたら野上の代役は吉野だったでしょう。そこでの活躍次第ですが、そうすれば野上≒水本 > 吉野 > 千葉になり得る事も出来たでしょう。現状、水本か野上がケガしたら「千葉 > 吉野」になってるのはキツイ。本当に吉野は今の千葉よりも酷いのか?

とにかく今節で水本が間に合わなかったのは痛かったですが、ベンチには居たから次節は戻ってこれそう。そこだけが救い。

もう少しチーム内で活性化が必要な時期だと思います。
あまりにもメンバー固定+お決まりの交代パターン。固定メンバーは初期のような「やってやる」という気迫は薄いし、吉野を入れて稲垣をサイドに回すパターンは全く守備の強度が上がっていない上に攻撃手段を減らします。一体、城福監督の目にはどう映っているのでしょうか…。

攻撃はかなり良くなってきたのは間違いありません。サイドで崩しきってゴール前でフィニッシュという形は凄く良いと思います。でも今は川辺もかなり良くなっていますから、もっと川辺を積極的に使って中央を崩す形も欲しいですね。

逆に守備のところですが、やり方は変えていないはずなのに失点はどんどん増えてきています。まぁ今のところ、千葉ちゃんが穴なのは間違いないので野上、水本が戻ってきてどうなるか?という事でしょう。

優勝争いは混とんとしてきました。というか、チーム状態、総合力からして川崎が優位でしょう。

広島からすれば、今の順位に居る事自体が僥倖に近い事です。そしてその順位に居る以上、なかなかチームに変更を加えるのが難しいというのは理解できます。

今一度思い返しますが、昨季の広島は15位でJ1ギリギリ残留。目の前の事よりも次への種を蒔く事が重要だと思います。でも現状1位なわけですから、目の前の試合が大事なのもよく分かる。あれ?同じ事を繰り返している?うーん、難しい…。

でもどこかで決断してチームが変化していく事になれば面白いのではないでしょうか。もっと「俺がやってやる!」という突き抜けてくる選手が欲しい。

フェリペ・シウバ、川辺、吉野、森島。頑張れ! あと城福監督はチャンスをやってちょうだい!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です