2018 ロシアワールドカップ準決勝 ベルギー vs フランス

フランスが先制するまで面白い試合でしたが、それ以降はサッカーの嫌な部分(コロコロして大げさに痛がる、のんびりと時間を潰す)が見える試合でした。

試合は総合力でフランスの勝ちかな。
ベルギーはMBAPPE(エムバペ or ムバッペ)をよく抑えていたと思いますが、それ以外では中盤から後ろの質で負けていたと思います。

特にベルギーはデンベレが相手に勢いを渡すようなパスミスや奪われ方が多かったし、頼りのデ・ブライネもパスを読まれて何度も逆起点になってました。

アザールはアザールでしたが、先制点を奪われてからは引いて守るフランスにスペースを見つけられず良さを殺されました。サイドに張っていたシャドリも仕掛ける姿勢が無かったからボールが入っても怖さは無かったですね。

対するフランス。ベルギーの攻守の切り替えも速かったですが、それ以上にパス回しが正確で何度も守備の網を外して相手陣内に攻めていました。

(ベルギー守備陣が踏ん張ったというのもありますが)カウンター自体の精度はベルギーの方が上だと思ったので、逆にベルギーが先制していればベルギーの試合だったのかな、と。

時折顔を出してアクセントをつけたり、最前線でボールを収めるグリーズマンがよく効いてましたが、それ以上にポグバの獅子奮迅ぶりが目立ってました。ボールは刈れる、ドリブルも仕掛けられる、パスも出せる。やっぱり強い国は中盤に凄い選手が揃っていますね。

あと危険なところに必ず顔(足?)を出すセンターバック、ヴァランが凄いと思いました。

それからベルギー、フランス共に素晴らしいゴールキーパーが居ました。クルトワの腕一本でのセービングとか、ロリスの予測しにくいボールへの反応の速さはやはり世界レベル。これが日本代表のキーパーさんだったら、3-5ぐらいのスコアになっていたでしょう。それはそれでエンターテインメントとして観てる方は面白いけど。

という事で決勝に勝ち進んだのはフランス。
この試合を観る限りは盤石、という印象。反対の山からはイングランドかクロアチアですが、どちらが上がってきても苦労しそう。

いよいよ大詰め。イングランド vs クロアチアは是非ともクロアチアに決勝に上がってもらいたい。はっきりクロアチアを応援している。頑張れ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です