2018 ロシアワールドカップGL 日本 vs セネガル

何なん!何なん!!川島!!何なん!!??

ボールを触ればアシスト。枠内シュートにはギリギリで触れないようにイナバウアー。
弱い日本がなんでキーパーにスパイを仕込むんですか?口悪いけど言いますよ「馬鹿か、西野監督は?」

試合開始早々からキーパーによる判断ミス、技術ミスによる失点。

テンション下がるわぁぁぁ…と絶望的になりながら見てましたが、乾のシュートが決まって同点。典型的なアフリカンチームだし、この時点で相手の身体能力に慣れてきた日本の方が有利になってきた!という思惑通り、しっかりとゲームを支配する日本。

相手の怖さはロングボールからの一点突破ぐらいで、それもしっかりと組織で守れていました。攻めてはいるものの守備意識も高い、いつもの日本とは違うピリっとした雰囲気。

柴崎のグラウンダーのクロスにしっかりミートするだけでゴールが決まったであろう最大のチャンスを大迫が外し、この試合でリードできる展開を手放すと今度は相手にサイドを崩されて失点。ほんま、日本のゴールキーパーは何もせんな!

再びリードされる日本ですが、途中出場の本田が乾の難しい折り返しを冷静に決めて同点。その後、一進一退の攻防が続くもどちらも攻めきれずタイムアップ。

セネガルにとっては2度のリードを守れず、日本にとっては勝ち切れず。どちらにとっても痛い引き分けとなりました。

「川島じゃなきゃ勝ってた」という思いはあながち間違っていないでしょう。最初の失点、2つ目の失点。どちらも準備と判断、技術がしっかりしていれば止められるもの。本当にもう見たくない。頼むからポーランド戦は辞退してくれんかな、と神に祈るレベルで見たくない。

他では相変わらず長友が酷い。飛び込むと交わされる、という恐怖心が相手への寄せを甘くし、相手にドリブルで運ばれるも「マラソンのコーチか!」いうぐらい、ただただ伴走してるだけ。

あとは頑張ってました。長谷部、柴崎、吉田はパスミスが多いものの奮闘していたと思います。大迫は決定機を逃したのが大きなマイナスポイントですが、ワントップとしての機能は果たしていたと思います。

グループリーグもあと一試合。レバンドフスキを擁するポーランドですが、彼に仕事をさせないように昌子と吉田は気を張って欲しい。2連敗という事はどこかしら上手くいってない部分があると思うので、しっかりとそこを突いて勝利でグループリーグを突破してください。(まぁ星勘定でいうとコロンビアはセネガルに勝てると思うから1失点での負けぐらいだったら、それでも突破できそうだけど…そんな事は考えずに)

見えてきた16強!悔いの残らないように出し尽くして欲しい。頑張れ!日本!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です