サッカー日本代表 2018ロシアワールドカップ直前 強化試合

これ、下克上なったんちゃうん?

スイス戦は後半20分ぐらいだけ見たので(起きれなかった…)書くこと無かったのですが、絶望感が漂っているのだけは伝わりました。誰も動いていないし、組織もない感じ。

この試合では柴崎が積極的に縦につけて、攻撃を推進。

前線は岡崎、香川、乾、武藤が連動した守備でパラグアイに自由を与えず、それに連動して後ろも陣形をコンパクトに保ち、前に入ってくるボールを植田、昌子の鹿島コンビが刈り取っていました。

パラグアイとコロンビアでは2段ぐらいレベルが違うとは思いますが、少なくともチームがバラバラで動くことすらしないスイス戦のメンバーよりもこの試合のメンバーを軸にしてやった方が上手くいきそうです。

香川と乾は相性が良いな、と思います。お互いが良さを引き出している感じ。香川はとんでもないふかしシュートがありましたが、最後はPA内でのダブルタッチからの隅を狙ったシュートでダメ押し点を決めました。守備もサボらずにずっとやり続けていたと思います。

武藤しかり。スイス戦では1トップでしたが「この子は動いてボールをもらう事が出来ないぐらい棒立ちやな」と思っていましたが、この試合ではそんな事なかったです。やっぱり組織って大事だな、と思います。走りこめるスペースもあるし、岡崎の動きに合わせた守備もよくやってました。1トップよりも動きやすそうだったし、適正なポジションは大事ですね。

そういう意味では遠藤はどうなんでしょう。独力で突破する力もないしスピードも無いからサイドバックには向かないと思います。唯一、先発メンバーで落第点だと思いますが、ポジションが良くないんだろうなぁと同情します。

守備陣では植田が一番良かったですね。昌子はどうなんだろう…。悪くはないけど、槙野か吉田か。ただ吉田はポカが多いし、槙野はちょいちょい危険な場所でファールするし、って考えるとやっぱり慣れた鹿島コンビで行った方が良いかな。

山口は…良いプレーと悪いプレーが半々。良いパスもあるけど、致命的なミスと判断が遅いのは失点に直結しそう。

キーパーは川島は論外だとして。
東口と中村の2択ですけど、どちらも失点しちゃってるんですよね…。しかも「そこは防いでこそ、じゃないかなぁ?」と思うような失点。うーん、将来性とセットプレーでの動きを見ると中村の方で行くべきか。

という事で本番ですが、私的にはこのパラグアイ戦の先発メンバーに少し変更を加えて初戦に臨んで欲しい。

  • 岡崎
  • 香川
  • 武藤
  • 山口(長谷部)
  • 柴崎
  • 酒井(高)
  • 昌子
  • 植田
  • 酒井(宏)
  • 中村

山口のところに長谷部だと、チームが壊れるような気がして少し嫌なんだけど、他に守備で汗かき役が居ないからなぁ…。井手口が欲しいけど、残念ながら居ない。
酒井高徳のところは長友でも良いけど、この試合での連動した部分は捨てがたいところ。

すったもんだあったけど、ここまで来たら頑張れ!しか言えないので、この試合のように相手に呑まれる事なく当たっていって欲しい。

頑張れ!サッカー日本代表!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です