日大危険タックルについて

まぁ古い話なんですけどね、一連の流れを見ながら奥さんに「監督とかコーチの酷さが目立って、何だかんだ宮川選手は許されたね」と話したら、

「これは監督が選手を守るために全部の悪意を自分に向けさせた作戦だと思うよ。「こういう会見を開いたら批判が俺に向く」それを見越した上で、自分を犠牲にして宮川選手の将来を守ったんだよ」と力説してくれました。

なるほど。そう考えれば 優しい世界 。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です