2017 第33節 サンフレッチェ広島 vs FC東京

本当にゴールで泣くことってあるんですね。

稲垣の勝ち越し弾は、会場を包む観客全ての思いが詰まったかのように美しい弧を描いてゴールネットを揺らしました。

瞬間、声なき声を上げてガッツポーズ。(子供がお昼寝中ですからね)
消音のモニター越しにも熱が伝わり、エンエンと泣きました。というのは嘘ですが、目尻に涙が浮かびました。泣けるほど感動するんですね、スポーツって。

これでJ1残留が決まりました。
ビックリする事に、前半2点差で勝っていた清水は逆転負け、甲府は引き分けという理想の展開でもありました。最終節は甲府に頑張ってもらって劇的な残留を決めて欲しいですね。

試合内容は圧勝と言って良いでしょう。

多分、東京は残留圏ギリギリの広島を舐めていたと思う。
最終ラインは少しプレッシャー与えれば慌てる、バックラインは緩いパス回しでも外せる、縦ポンで雑カウンターでも永井の足を使って勝てる。

そんな風にすら見えるかのような緊張感が無いサッカーでした。言い方を変えれば覇気がない。高萩ですら凡庸に見えるし、緩いパスをカットされてました。まぁスタメンから久保が出ていたらヤバかったと思うけど…。

対する広島、あらゆる局面で気持ちがこもっていたと思います。前半、消極的というかナーバスな試合の入り方でしたが、徐々に持ち味となりつつある攻守の切り替えの速さでリズムを取り戻すと良い時間帯が増えました。

ミキッチ、柏がいなくなって仕掛ける事が出来なかったサイドバックですが、今節では椋原も高橋も「多少」勝負を仕掛けていたかな、と。でもクロスがワロスだし、そもそも勝てなかったり。ただ、勝負するという姿勢だけは評価したい。特に高橋の守備に対する強烈な気迫は凄かった。応援したい!と思わせるぐらいプレーに気持ちが出ていました。

ただ、それでもミキッチの方が何倍も凄いけどな。

クロスの質、スピード、ドリブル、運動量。どれもミキッチの圧勝だと思います。ヨンソン監督はなぜ最後までミキッチを入れなかったのか、本当に不可解…。

ヨンソン体制になりシステムも人も変わったサンフレッチェは、サイドで仕掛けたり崩したりが出来なくなり、中央での攻撃も上手くいかず深刻な得点力不足に陥っていました。

少しは仕掛ける姿勢が見えたとはいえ、今節でもサイドからの深い崩しはありませんでした。
それでも試合を支配し、攻撃に厚みを加える事が出来たのは私的MVP「フェリペ・シウバ」が居た事に他なりません。

なに?このフェリペの覚醒。シーズン前のキャンプから言われていた「フェリペが只者じゃない」がようやくここに来て伝わってきました。もうシーズン終わるっちゅうに、時間差あり過ぎでしょう。

無理めのボールでもキープ、相手の隙をつくドリブル、パスセンス、クロスの質。本当に凄いやん。なんで序盤からこれが出なかったんや!自分、出来る子やんか。

フェリペでボールが収まるから他の選手も動きやすく、真ん中を狙ったりサイドに展開したりとやりたいように出来ていました。

次は上位となる柏レイソルです。もしフェリペが最終節もこれだけ活躍できれば「来季も見たい」となるのですが、はてさて…。

逆に評価爆下げはロペスですね。もう何というか…FWとしてのセンス、というかシュートが下手過ぎてどうしようもない。パトリックでエエやん。

稲垣は広島を引っ張るぐらいの存在感が出てます。あの気持ちの強さは頼もしい。(「あ、それは…」というミスも多いけど)

柴崎は活躍してると思わないけど、何故かチームは勝ってしまう。まぁ中位相手というのもあるんだろうけど、うーーーん。モヤっとする。

千葉ちゃんは相変わらず酷い。まるで相手に「詰めてください」と言ってるようなノンビリとしたトラップだったり、探して探して追い詰められてキーパーにパス、とかアカン過ぎるプレーばっかり。水本の方がよっぽど良い。と言っても、水本も失点シーンで相手にマーク外されてるからね、両センターバックはどうしようもない。

林は安定してました。前田遼一の決定的なシュートをしっかりと止めたのはビッグプレーだったと思います。

さて、J1の残留は決まりました。
とりあえずホッとしていますが、来季はどうするつもりでしょうか。ヨンソン監督は継続でしょうか。攻守の切替と走る意識を植え付けた事は評価できますが、私としては6~7割は反対です。もちろん新しい選手を加えて最初からチーム作りをしたらどうなるのか?その辺は興味がありますが、もっと森保監督のようなモチベーターが欲しいです。

少なくとも野津田、宮原、川辺の3人はレンタルバックして試合に絡めて欲しい。佐々木、宮吉が来季はフルで活躍できるよう祈っているし、工藤ももう一度仕切り直して頑張って欲しい。

まだ最終節が残っていますが、ここまで来ると来季の方に興味が移ってきます。
もちろん選手は最終節に向けて頑張って欲しいし、勝利でシーズンを終えると気持ちが良いですからね。応援はしています。

ただ今季のチームは決して良くなかった。順位がそれを表しています。
だから私のような無責任な人間は来季へ夢を見るだけなんですよ。

色々あり過ぎた今シーズンも次で終わり。何とかJ1に崖っぷちで残りました。
最後はせめて上位陣に力を見せて終わりましょう。フェリペはレイソル相手にも実力が発揮できる事を見せて欲しい。頑張れ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

2 comments

  • 僕も涙がでました。久保くんの明晰さに比べてロペスの理解力・判断力の欠如。トップでボールをおさめられ落ち着いてシュートのうてる選手は、ひとりくらいいるでしょう。探し出すのが織田の責任だと思います。(後輩なので織田はよびすて)

  • >tondaさん
    久保君、凄いですね。ファーストタッチで自分の形に持っていける上手さがあります。早く森保ジャパンで見てみたいと思わせます。

    来季はどうなんでしょう。ロペスはちょっと…というのはありますよね。2トップなら一人は宮吉タイプみたいなのも面白そうです。というより、単純に宮吉好きなんで試合に出て欲しい…。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です