2018ロシアW杯 最終予選 日本代表 vs オーストラリア代表

現金なもので、「浅野先発!」と知った途端、試合を観るやつ。 私です。

まぁ正直、得点を決めてなかったらボコボコに叩かれてただろうな、という内容でしたね。

スピードに乗ったら振り切れるけど寄せられると厳しい上、酒井との連携不足。贔屓目に見ても大迫や乾のパフォーマンスと比べると劣るかな。大げさな話ではなく、前半のワンチャンスを逃してたら人生変わっていたぐらいの大きな一瞬だったと思います。

後半はオージーの裏も空いてきて、効果的な抜けだしも何本かあったし守備の貢献も含めると悪くない出来でした。交代も一番最後だったのも地味に誇らしい。

頑張って代表に定着して欲しいですね。

試合は正直ビックリするぐらい良い内容。
オージーに危険なシーンはほとんど作らせず、終始圧倒していたと思います。久し振りに日本代表の試合が面白いと思いました。

中でも大迫のキープ力、井手口の運動量は凄いな、と。
大迫は1トップの人だったん?「普通そんなキープ、できひんやん」というキープ力で、前線で体を張れてました。あれは相当大きい仕事。あそこでマイボールに出来るか、ロストするかで試合の流れは変わりますからねぇ。MVPは井手口だけど影のMVPは大迫だったと思う。

井手口は文句なし。よく食いつきすぎて外される事があるけど、この試合ではそんな事ありませんでした。何より色んな所に顔を出す運動量、最後に決めきる力。際立っていたかな。

これで日本代表はワールドカップ本選出場を決めました。

この試合を観る限り、このメンバーを中心に成熟度を高めていったら面白い事になるんじゃないでしょうか。運動量のあるメンバーが多いし、前線からの守備で追い込んで奪ったところから速攻というのは面白そう。

やるやん、ハリルホジッチ監督。(ちょっと手のひらクルー)


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です