インタビュー記事より引用

「トヨ(豊田陽平)がピッチの中央で相手DFとボディコンタクトしながら、しっかりと自分のところへボールを落としてくれた。うちは全体的に守備ラインが下がっていたので、逆に広島は押し上げている状態。GKも前に出ていたのは事前に確認していた。

 シュートを打とうと決断したのは、トヨからボールを受けたあと。ファーストタッチしてすぐですね。パッと前を見たら、想像していたとおりにGKの重心は前掛かりだったので、思い切って打った。

 それに、自分の前にいた相手DFの寄せも少し甘かった。最近の広島は寄せが弱いとゲーム前に分かっていましたから、そこも上手く突けたと思います。インパクト時に「上手く当てられた」という感触があったので、シュートした時には『入る』と確信していました」

― サガン鳥栖 チョ・ドンゴン選手

【鳥栖】驚愕のハーフウェーライン弾! チョ・ドンゴンの一撃は“用意周到さ”が生んだ(サッカーダイジェストWeb)」より引用

おい、言われてんぞ。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です