2017 第17節 浦和レッズ vs サンフレッチェ広島

ウチの前にまず対戦相手の浦和さんですが「ヤバイぞ」と一言申しておきます。

客観的にみて、最初に失点すると逆転できない広島に逆転された事実は、相当守備がモロい。これは優勝争いするには厳しいかな、と。

実際に試合を観てると表向きは真逆(ウチは引きこもってるけど失点、浦和は攻め過ぎて失点)に見えるけど、根っこが同じ。ゴール前でのボールウォッチャーが多過ぎます。足が止まってる選手ばっかりで体を張るようなDFが居ないですね。

あれだけ嫌らしいキープをする興梠も存在感が無かったし、武藤、柏木もしかり。柏木はボランチに下がってから良い縦パスを入れてたのでボランチの方が良いのかな。

どちらにしろ、守備の時にもう少し人に寄せてボールを取りにいかないと、ウチみたいなJ2揃いの前線でも得点は決めれますよ。

という事で、サンフレッチェ広島。

浦和に書いた事と全く同じ事が言えるのですが、その前に最大の懸念事項について。

一言でいうと尾を引きずる敗戦。これは精神的に、という意味ではなく「采配」的に、という意味です。要するに最悪の負け。

森保監督の中ではこう。

皆川
得点を決めた!! >>>> 全く前線でキープできない、DFと駆け引きできない、ハイボールも競れない、周囲と連携が深まらない。

ロペス
得点を決めた!! >>>> ボールロストが多い、パスミスが多い、走らない、周囲と連携が深まらない。

ようやく森保監督がブレてくれて森島、茶島、中林が先発しましたが、結果はこれですよ。

最低でも勝てれば光は見えてきましたが、それも虚しく敗戦。監督の頭に残るのは「皆川とロペスが得点した」という事実。

つまり皆川の先発もしくは途中出場がこの1得点によって向こう10試合は約束されたという事実。

逆にですよ、不慣れなボランチながら時折得意のドリブルで相手を引き寄せるプレーで、いつもと違った広島を見せて唸らせるプレーをした茶島は後半から交代。

これ酷すぎるだろ!ふざけんな!いつもの「我慢」はどうした森保!!?

100歩譲って森島だろ。あれだけボールロストを繰り返してたんだから。

サブにはほとんどチャンスを与えず、少しでも悪かったら即交代。
自分の好きな選手にはどれだけダメでも「効いていた」の一言で起用し続ける。

そら負けるわ。チームとして正常に機能していないんだから。

青山に代えてカズを出すっていうのも、ね。明らかに最近のカズは不調じゃん。インターセプトもない、「残念、そこはカズ」もない、運動量もない。だけど「お気に入り」だから約束された出場。まぁ他は丸谷しか居ないから仕方ないとはいえ、「違うよな」と思います。

そしてこの試合でハッキリ分かったのは「5-4-1」が人をダメにする戦術だという事。

相手にペースを握られると5-4と人の壁を作って守る「クソ戦術」なんですが、その瞬間にほぼ全員が「ボールウォッチャー」になります。たくさん人が居るから、という心理が働くのか、人任せなプレーが多くなります。

陣形を崩さず自分のところに来た人を捕まえるという約束事があるのでしょう。自分のところに来ないと何もせず突っ立ってる案山子ばっかりになります。だから後追いばっかりになって効果的な守備が出来ず、相手に付いていけない。

1タッチで動かされる、ドリブルを仕掛けられると「あわわわわわーーー!!」となって右往左往。

イーブンの時は良い守備もできるし、そこから良い攻撃にも繋がりますが、相手のペースになってくると人をダメにする戦術で失点。「原点」が間違っているのに原点に返るから間違い(失点)を繰り返す。素人でもここまで考察できました。誰か森保監督に教えてあげて!

次、個人攻撃良いすか?

水本、お前よくそのプレーでキャプテンマークを巻けるな。

羞恥心という言葉を覚えて欲しい。

青山には人を引っ張るようなキャプテンシーは無いです。
この不調のチームにあって、それでもとにかく走る。走って走って少しでも流れを引き寄せる、カバーをする。それは伝わります。確かに今の青山は全盛期と比べると批判されても仕方ないけど、チームを勝たせようとする姿勢は好きだから批判する気になれない。ただそれがチームに勢いを与えるかというと、そうではなく個人にフォーカスされてしまっているんだと思います。

だから青山はキャプテン、って感じではない。けど、巻いていても良いかな、とは思う。

翻って水本。

もう一回書くけど、よくそんなプレーでキャプテンマーク巻けるな。

人をダメにする戦術の教祖とも言うべき具現者。ボールホルダーと勝負をせず、常に2~3m空けて、シュートコースも切らず、運動量もなく、味方の為に汗をかくこともなく、ただただ90分間FWとの「勝負」から逃げ続けている。

そんな人間にキャプテンマークを任せる監督も青山も頭おかしい。

ウチにはレイソルの大谷のような、浦和の阿部のような「困った時は俺に任せろ」という人間は居ません。だったら「困った時は俺にボールを預けろ」という柏にキャプテンを任せて欲しい。プレーでチームを鼓舞する柏こそ、今のサンフレッチェには相応しいキャプテンだと思う。

DF陣でいうと野上も試合を重ねるごとに酷くなってきています。人をダメにする戦術に馴染んできたのか、走りこむ選手の対応に遅れる事も多く、途中で諦めるようなプレーも多い。

唯一、頑張ってたのは千葉ちゃんだけ。本当に這い上がってきたと思う。ほぼ全盛期に近い状態まで戻してきたんじゃないでしょうか。もしかしたら髪の毛が20kg近くあったんじゃないか、と思うぐらい坊主が活躍したと思います。

体を張ってたのは千葉ちゃんだけでしょう。他は落第点。あとミキッチと柏の次が清水というのもヤバイね。

さて、言いたいことはまだまだありますが、今節は本当に尾を引く敗戦だったと思います。

皆川、ロペスの今後の出場が約束された事と、せっかく中林に代わったのに4失点した事で(コーナーキックでの安定感や、それ以外の2~3点防いだプレーは無視されて)次節からはまた林に戻される可能性大だという事。

丹羽の加入は自分にとっては最大のグッドニュースですが、人をダメにする戦術を辞めない限り効果は低いでしょう。野上との入れ替わりになるのでしょうが、一番替えて欲しいのは水本です、森保監督であり続ける限り無いですけどね。

私はサンフレッチェが2度降格した時を知りません。
応援を始めたのはJ2無双をしていた頃です。3度目の生き証人となるのでしょうか。嫌だな。

今回降格したら工藤、宮吉、柏辺りは移籍しそうですね。というか色んなクラブから引き合いがあるでしょう。

それでも森保監督が今季で辞任ならレンタルの若手も戻ってきてくれるかもしれません。新たなサイクルに期待するしか無いのでしょうか…。

森保監督、お願いだからもっとブレてくれ。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

2 comments

  • 同感。勘違いを引き起こす最悪の負け方。
    森保監督の限界がぼやけてしまった。
    今の浦和からの3点を前向きに考えてはいけない。

  • > おしゅあんさん
    コメントありがとうございます。
    そう、私も「今の浦和」というのが重要だと思います。
    浦和の守備も相当酷かった。そこを見ずに「3点取った」事を前向きに捉えると絶望しか待っていない気がします。
    「攻撃的にいくと点を取られる」のではなく、浦和がガバガバだったから得点が取れたし、いつも通りの引きこもり守備だから点を取られた。私はそういう風に見ています。
    つまり根本が変わっていない、という。
    ただ、中林、森島、茶島を先発に入れたのは評価したいです(その後の采配は知らん!)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です