2017 第12節 ヴァンフォーレ甲府 vs サンフレッチェ広島

前節と人が代わりました。
FWが工藤→皆川。 DFが千葉→野上。

まぁ、ズッコケますよね。「え?そこ?」て感じでズッコケますよ。

結果、私の思いとは裏腹にこの2人がよく効いて、それが周りに伝播して、良いサンフレッチェになりました。

皆川は存在感のある1トップとして機能しました。相手が先制して引いた事もありましたが、よくボールを収めました。同点の時の裏取りとパスは完璧だったと思います。

野上は既に実績を積んでいたので安定のプレー。やはり守備職人だな。良いプレスと良い読み。相手の攻撃の芽を摘む良い仕事をしてくれました。なぜ今まで使われなかったのか…。

この2人に引っ張られるように周りも気迫のプレー。何より今までと比べて明らかにワンタッチでの捌きが多い=しっかりボールホルダーへのサポートをさぼらずに動いていたんだと思います。

最後のCKは事件がありそうでしたが、相手のヘディングが枠を外れてくれてギリギリの勝利。逆に言うと枠に行っていれば失点していたでしょう。それぐらい|(はやし)は反応遅れてましたから。

とにかく出場したフィールドプレーヤーが(水本も含めて!)体を張って掴んだ2勝目でした。

が、良かったのはまだこの1試合だけ。
真価が問われるのはこれからです。特に皆川に関して私は懐疑的です。1試合だけ良かった、というのは前例が幾らでもあります。|、水本、丸谷、最近では清水もその部類。

安定して存在感を出してからがスタートだと思います。
やってくれるなら皆川だろうと工藤だろうと構いません。とにかく勝利に導くプレーをやり続けて欲しい。

DFですが千葉→野上というのは(結果は良かったですが)解せない。確かに千葉ちゃんも良くないけど、それ以上に水本の方が酷いでしょう。今節は甲府の拙攻もあり、こちらの守備が目立ちませんでしたが、セレッソ戦の怠慢プレーはいまだ目に焼き付いてます。後ろは野上、千葉、塩谷にしておけば誰にボールを預けても安心だし、それで行って欲しいんですけどね…。

まぁ今のサンフレッチェは「勝てばよかろう」なので、勝てるなら何でも良いけど。(将来性はゼロですよね)

次節は波に乗り切れていない名波監督率いる磐田が相手。

あ、よく読めませんでした?もう一度書きますね。
次節はに乗り切れていない名波監督率いる磐田が相手。(ドヤ)

15位の札幌とは勝ち点3差。
ここで広島が磐田に勝って、札幌が鳥栖に負ければ、得失点差で降格圏から抜けます。先は長いといえど、降格圏から外れる事は精神的にも大きいです。まして2連勝となればチームも上昇気流に乗れるかもしれません。

そういう意味でも次節は大事な一戦となります。
良い雰囲気のまま、リーグ戦ホーム初勝利を挙げてもらいましょう。頑張れ!サンフレッチェ!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です