2017 第6節 ガンバ大阪 vs サンフレッチェ広島

ただの一勝ではない。そんな一勝だったと思います。

決して良い試合ではなかったと思うし、まだまだ改善点は多かったように見受けられましたが、まずは「勝利を挙げた。しかも無失点で。」というのが重要だと思います。

そしてはっきり言えるのは、この勝利は「林のお陰」でしょう。

前節であれだけ試合を壊したものの、この試合においてはチームを救うビッグセーブを何度も見せました。特に得点直後で与えたセットプレー、右手一本の超反応で防いだ決定的シーンは凄かったです。その後も押し込まれる展開で何度かシュートを打たれますが、しっかりとボールを弾いて虎の子の一点を守り抜きました。

攻撃面ではボールを持ってから周囲を探すぐらい連携があまり取れておらず、カウンターに持ち込んでもサポートが足りずに囲まれて終わり、とかなかなか酷い面はありました。工藤はようやく得点を決めましたが、その後の決定機で外すなどまだまだ。

とはいえ、工藤、フェリペ、ロペスの連携が深まってくればもう少し良くなるのかな、と。

あと両サイドが弱過ぎるのも攻撃の迫力に欠けますが、柏がそろそろ戻ってきそうなので少し安心。サポーターは期待しているみたいだけど、私としては高橋を見てるとどれだけ広島のサイドは層が薄いのかと心配になるレベル。高橋はJ2の中位でもレギュラーが取るのが難しい、そんな気がします。

ボランチは青山の欠場があって柴崎。やっぱりエエやん。柴崎で良いじゃん。青山のような展開力はないですけど、気の利いたポジショニングで守備の安定度はグッと増しました。色んなところに顔を出せるし、シャドーの経験を活かして前めのポジションで攻撃に厚みを加える事もできる。

どうしてもボールを散らす、という事に関しては青山一択ではありますが、今のサンフレッチェ、青山の状態だと柴崎の方が必要です。多分、青山一人が悪いのではなく受け手の問題も大いにあると思いますが、これだけ攻撃がスムーズに回らない以上、青山一人で何とかしろという方が無理があります。そうなると例え青山が戻ったとしてもボランチは「柴崎、野上」で行くべきじゃないかと思います。

あと千葉ちゃんは未だに調子が上がらない感じがするから一度外して欲しいんですけどね。そこに野上入れて、ボランチは柴崎+丸谷か稲垣。そっちの方が良くなる気がします。

それから変則システムはもう止めて!というのは変わらず。1-4-5の5は人数が足りてるけど人に行けてないし、4のところで相手が3人ぐらいでワンツーを入れると簡単に剥がされるし、それに釣りだされて取りにいった最終ラインをあっさり破られてます。林が全部防いでくれてたけど、本来1-3で負けててもおかしくない内容だったのは正直なところ。最後の砦に頼るようなシステムはまずいでしょう。

失点0で済んだのは林のお陰。
これを勘違いして、このまま継続していくと厳しい事になりそうな予感がします。もっと言うとラインを整える事に固執し過ぎ。その前にまずはボールホルダーを自由にさせないように行くべきじゃないかな。

と、まぁ批判はこれぐらいで。
最初に書いたとおりこの一勝は次に繋がる一勝だったと思います。全員がホッとしたと思うし「ここから」という前向きな気持ちになれたと思います。

ただ、林のビッグセーブで掴んだ勝利だというのも忘れてはいけないと思います。つまり、何度も相手に崩されているという事実。そこから目を背けると失点した時、急に「手詰まり感」に襲われて重苦しい展開になるでしょう。その為にも攻撃陣がもっとハマってくれる事を願うばかりです。

ここから降格圏を抜け出す為にも一つずつ勝ちを重ねていけるよう、頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です