2017 第5節 サンフレッチェ広島 vs 柏レイソル

うーーーん、これはあれですね。
「監督が代わらないと人が代わらない」という気がしてきました。

この試合の出来を見ても野上>千葉(野上>水本)というのは間違いないわけですけど、千葉残しで野上のボランチコンバート。そこまでして絶不調の千葉を残したいわけか、と。

GKにしてもそう。ちょっと林は代えた方が良いでしょう、彼のメンタル的にも。

柴崎にしてもそう。昨季からほぼ機能していないシャドーをずっと引っ張ってきてます。今節で「お!いよいよベンチか」と思ったら「負傷ゆえ」の先発外れらしいです。という事は、万全であればロペスが控えで先発は柴崎だったでしょう。チームの歯車としてはフェリペや柴崎よりも効果的なロペスを外して、です。

皆川なんて言わずもがな。何故まだ使い続けるの?

信頼しているメンバーを使いたいのは分かりますが、風通しを良くしないとサブのモチベーションに影響するのは必至でしょう。完全に負のサイクルですやん。

確かに野上はパスセンスが優れているから上手くボールは回ってましたし、それなりにやれてました。多分、今節で一番出来が良かったと思ったぐらい可能性を感じました(特に後半は凄かった)。でも慣れていないぶん、カバーが遅れて相手に簡単にパスを通させてます。

だったら青山外して稲垣(丸谷)入れろよ!

と声を大にして言いたい。あれだけ失点に絡むミスを繰り返す青山を何故先発させるの?今の青山には違いを生み出せる程の力を示せていません。まだ野上の方が判断も早いしボールも回ります。あとはしっかり走れる稲垣でボールを刈り取る仕事をさせれば良いんです。

同じメンバーで運動量の乏しい、同じようなサッカーをして同じ敗戦を繰り返す。初心に帰ってリトリート?勘弁してくれ!2014年の再来なんか見たくもない!

座して死を待つより挑戦して散る方が潔いですよ。

つまりは今の「1-4-5」守備をやめて欲しいって事。「1-2-3-4(1-4-1-4?)」からシャドーが前と後ろに動くだけで「2-4-4」になります。それで良いじゃん。サイドはわざわざ深い位置から深い位置に戻る必要もないし、後ろの4人はそのまま守備しとけば良いし、最前線の2人でボールの出しどころを限定させれば良い。野上なんて守備が本職なわけだから最初から4枚のDFライン完成ですよ。

後ろに5枚並べても、少し揺さぶられただけで間単に破られるような今のDFならもっと積極的に行って欲しい。

まぁ何だかんだ言っても、まだ森保監督は信頼しています。が、メンバー選考には少し疑問。もっと今の状況を変える気概のある選手を起用して欲しい。

あと、いつになったら私のtoto(mini toto)は勝てるんですかね?


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です