2017 第4節 コンサドーレ札幌 vs サンフレッチェ広島

なかなか極まってきました。

1対1で決め切れなかった工藤か決めきった都倉の差か。1対1を止めた札幌の韓国GKか止めれなかった林の差か。どっちが正解なのか…。

ある程度、うん、ある程度は覚悟が出来ました。

既に優勝を狙うには黄信号が点っていますが、「残留」と考えればまだ時間があります。5年間やってきて既に過渡期に来ているのは疑いのない事実。せめてJ1に残留できれば御の字。勝ち点最低40ですか、そこをまず目指す。そしてそこからまだ戦えるのであればボーナスゲームとしましょう。

そういう頭の切り替えは出来ました。結果が出せなくても徐々に光が見えてくるものなら良しでしょう。その中で一戦一戦で勝ち点を積み上げて残留ラインに乗れば良いのではないでしょうか。

事実、フェリペはこの試合で片鱗を見せました。早く全貌を見せろよ、と思わくもないですが、仕掛けるところやパスを出す視野の広さは少しずつ見えてきました。工藤も裏への抜け出しやボールを収めるところ、ワントップで成立しづらいプレスをそれでも頑張るプレーは見えました。

キャンプは何してたの?怪我人を量産しただけなの?と詰問したいところですが目を瞑りましょう。まだ勝ち点3は遠いかもしれませんが、「過渡期」であるならばそうスムーズにいくものでもないし我慢しましょう。

で、森保監督はそれを意識しているの?というのが疑問。

森島ではなく柴崎、野上ではなく水本、恐らくレッドじゃなかったらこの試合でも丸谷が先発だったでしょう。これって「何が何でも勝ちにいく」為の先発ですよね。長年やっている選手だから信頼している、頼りたい、という気持ちは分からなくもないけど、「10試合先」を見据えるのではなく「目先」の結果を優先するメンバーだったら、今ここで結果を出さなくちゃダメでしょう。

それが出ていない時点で腹を括ってよ!と思ってます。

そっちの方が緩やかに死を待つより、よほど希望が持てます。

柴崎が相当好きなのは分かったから、それならボランチで出して欲しい。前線3人は工藤、フェリペ、ロペス、森島、宮吉で回せば良い。皆川のように「楽屋だけ面白い芸人」で、本番で結果を残せない人間にこれ以上チャンスを与える必要はありません。今節でも森島ではなく皆川を出した時点で、森島の心は野津田や宮原と同じようにサンフレッチェ(というか森保監督)から離れたでしょう。出た選手が結果を出してるならまだしも、ね。

青山も不用意なミスが多過ぎましたが、現状流れを変える事ができるのが彼と塩谷しか居ない以上、仕方なし。そんなミスをカバーしなくてはいけない稲垣は少し可哀想だったけど。

林も足元が上手いのは認めるけど、一番大事な「無失点」が出来ていません。代えるリスクはありますが、それでも代えて良いのでは?絶対的守護神では、もはや無い。

試合内容云々という話ではないけど、今後のサンフレッチェを思わずにはいられない試合が続いています。
どうしてもこれだけ勝てないとネガティブになりがちですが、ここまで来ると底はないし上がるしかありませんので逆に気楽です。

ただしメンバー選び、これだけは森保監督に英断をしてもらいたい。難しいとは思うけど、既にピークを過ぎた選手よりも、これからピークを迎える選手にチャンスを与えて新しいサンフレッチェを築いて欲しい。サブメンバーのメンタルを考えてあげて!

後は出た選手。もっと走ろう!もっと戦おう!
今、手を抜いてるとは思わないけど、それでも目の前の相手に負けてるのはダメですよ。精神論だけど気迫を持って応援したくなるようなプレーで全力を出して欲しい。

頑張れ!サンフレッチェ!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です