2017 第3節 サガン鳥栖 vs サンフレッチェ広島

何から伝えればいいのか。分からないまま時は流れて。

こんにちは。メロディが流れた人、多分中年。

いや、でも本当にそういう感じでした。特にスタメンを見た時の嘆息の長さはギネス級。

まぁずーーっとやってるメンバーなんでボールの動きはスムーズでしたよね。柴崎のバイタルでの飛び出しは脅威だったし、先制点はオンサイドだと思うし、先発に選ばれて当然のような存在感は発揮しました。

丸谷にしろ、しょうもない事をして退場しましたが、稲垣とは違ってパスの散らしとボールホルダーへのサポートで充分の働きをしてました。

が、何か違うんだよなーー!

森保監督の「勝ちたいが為」の及び腰な采配にしか見えない。その上、負けるという何も残らなかった結果だしね。昨季のACLで度胸が足りなかった先発メンバー選びの再来って感じがしました。

まさかの森島外し…。どんだけ柴崎をシャドーで使いたいのよ…。頼むから昨季のベースから抜け出してよ、というのが切実な願い。どうしても使いたいならフェリペを外すべきでしょう。こんな事してたら森島も出て行っちゃうよ。森保監督は、勝ててないからちょっと迷いが出ちゃってるのか、ちょっと傍から見て納得いかない先発でした。

試合は鳥栖の気迫勝ち。特に吉田は凄かった。あれは良い坊主だ。ミキッチは完敗だったね。

原川も上手かったし、鎌田のドリブルのタイミングも良くて何度も手を焼かれました。あと権田も良かった。最後はこちらが形振り構わず攻めたので圧される形になりましたが、それを凌ぎきった事は自信となるでしょう。

広島は青山が戻ってきたのが大きかったです。青山が青山になって戻ってきた!そう思いました。

冒頭で柴崎、丸谷先発で攻撃が回ったと書きましたが、むしろ私としては青山の役割がそれを大きく支えていたと思います。逆にいうと青山が居れば別に柴崎ではなく森島でも良かったし、丸谷ではなく稲垣(柴崎)でも良かったんじゃない?というのが先発メンバーへの疑問なんですけどね。

あとGKはやっぱり林じゃなくても良いような…気が…してきました。結局2連敗ですし。

それとイエローが多いのが気になりました。言うほど前プレをしてるわけでもないのに、走れてないのか、後手後手の対応ばっかり。この辺は深刻。

あと気になったメンバーでいくと清水、頑張ってましたね。ミキッチが完全に封殺されてた分、しっかりと仕事をしてくれてました。

水本はもう見たくない。献身性とは程遠く、パスを出したら味方の為にコースを作ってあげる事もなく歩き出す。そのパスにしても、相手に狙われているのが分かっているのに出すパスの受け手にとっては爆弾のようなパスだし、酷すぎます。絶対に野上を入れるべきだけど、残念ながら先発メンバー争いに競争原理はないから負傷離脱する以外に野上にチャンスは殆ど無いでしょうね。

森保監督的に今節のメンバーは「ブレずに立ち返る」といったところだろうけど、ブレた結果の消極采配という気がプンプンします。まだ3節ですから、たとえ結果が出なくても未来があるなら我慢できるけど、なまじ攻撃が上手くいったからといって今節のメンバーでいくならちょっとキツいです。だって鳥栖はこれまでの相手と違って「広島対策はするけど自分達のサッカーもぶつけてくる」相手ですから。

今週はルヴァンがあるからメンバーをイジってくるだろうけど、リーグの次節は今節と同じメンバーだろうな(丸谷は居ないけど)…。しばらくはフラストレーションが溜まりそうです。

光明は青山。気合の入り方がどの選手よりもありましたし、長短のパスに鋭さがありました。タイトなマークに合うだろうけど、今のところ青山(塩谷)ぐらいしか攻撃に変化を付ける事ができる選手が居ません。負担が大きくなるけど、彼の出来がチームの浮沈を握っているといっても過言ではないので、今節のようなプレーでチームを引っ張っていってもらいたい。そこに期待するしかない。

頑張れ!青山!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です