2017 第一節 サンフレッチェ広島 vs アルビレックス新潟

いよいよ開幕した2017年のJリーグ。

鹿島、東京、神戸と比べると派手さはないものの、工藤、フェリペ、稲垣等、欲しいところの人材を的確に確保し期待感は結構高いなかで迎えた開幕戦。
終わってみれば期待感とは真逆の不安感しか残りませんでした。

まずは新加入の選手ですが、工藤は時間と共に存在感は出てきたと思います。タメを作ったり、流れたりしながらタイトな新潟に囲まれながらもそこそこ良かったかな、と。パスはズレてましたけどそこは徐々に慣れてくると思います。得点シーンは佐藤寿人かと思いました。とりあえず開幕ゴールを決めてくれたのは良かったです。

噂では「凄い」と言われていたフェリペですが、どうなんでしょう?2~3人に囲まれてもキープできる強さを期待したのですが、結構あっさりロストを繰り返していました。時々上手さは見せますが守備もそこまで真面目にやらないし、私の中では60点ぐらい。あれだけガチガチに対策してきた新潟というのもありますが、噂で聞いていた程のモノではない印象です。あれならウタカの方が凄いよね。

森島はアピールできた選手の一人ではないでしょうか。寄せられてもブレない体とドリブルはなかなかのもの。なかなかボールが回ってこなかったものの、ボールを持てば奪われない上手さが光りました。この試合だけ観るとフェリペよりも森島でしょう。

稲垣はカバーの上手さを見せたものの、パスの散らしやスイッチの入れ方は、まぁカズには劣りますよね。

GKは廣永。林の怪我に乗じて中林との争いに勝ってスタメン。(中林…お前ダメなんか…)
まぁ無難に良かったのではないでしょうか。

森島、工藤以外は疑問符が付くものの、まだ一試合目ですからね。しかもしっかりと広島対策してきた新潟相手ですから、致し方ない部分はあると思います。むしろ今後試合を重ねていけば良い方向にいくのかな、という期待はあります。

それよりも「不安感」の源はそれ以外の主力選手。

青山、千葉、水本。昨季は「コンディションが悪いのかな」と思ってたけど、全然変わってない。もっというと選手としてのピークを過ぎたんじゃないか、と思ってしまうぐらいのプレーでした。

いや、信じたくはないけど青山と千葉はそう思ってしまった(水本はもともとピーク過ぎてる)。青山なんてゲームを組み立てるどころか足枷にしかなってない。1トップ2シャドー1ボランチと、真ん中のほとんどが昨季とは違う選手達だから呼吸が合わないだけだと思いたいけど、守備もチグハグであっさり抜けられるし、パスも無難なやつしか通さないし、ちょっと「青山」のプレーとは俄かに信じがたい。見たくないものを見た、それが一番私の気持ちに陰を落としています。

水本はもうどうしようもない。野上と代わるべき。千葉ちゃんはパス出しもそうだけど、カバーの遅さが顕著。今までは目立たないけどしっかりと危険の芽を摘んでパス出しで安定していましたが、昨季から悪いところの方が目立ってきました。今節は悪いところしか無かったと思います。野上と代わるべき。いや、まぁ天秤に掛けると水本→野上ですけど。

3人がスタメンで今節のようなプレーを続けていると、リーグ優勝なんてまぁ正直厳しいよね。更に困るのはこの3人が森保監督から絶大な信頼を得ているという事。この辺は競争原理が行方不明なため怪我でもしない限り、外される事はないでしょうから余計でも気が重たいです。こうなると水本は無理でも青山と千葉ちゃんが「まだまだやれる!」とばかりにトップコンディションになってくれる事を願うばかりです。佐々木の再度の長期離脱は本当にチームにとっても痛い…。

まだ第一節。それでも不安にならざるを得ないレベルのチーム状況に思えます。
期待値が高かった分、落差も大きいという事です。

次は清水戦。優勝を狙ってくるようなキツイところではないので、しっかりと勝ちきりましょう。まずは勝利!それによってチームが上昇気流に乗れると思います。

今年、最後に歓喜で終われるように願っています。頑張れ!サンフレッチェ!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です