2016Jリーグアウォーズの結果について

なぜ「アワード」じゃなくて「アウォーズ」と読み方を忠実に寄せてるんだろう…。
アワードが一般的だからそれで良いのにね。

なんて疑問を抱きつつ、盛大に見逃してしまったので結果だけ見ました。

何と言うか、鹿島がチャンピオンになったり、得点王が2人いたりしたので、色々と歪みが生まれて混沌とした感じですね。部外者としては違和感を楽しんでます。

ベストイレブンは苦心の末、なるべく波風が立たない選考になったと思います。

年間勝ち点トップの浦和から4人で、まぁ無難。
川崎からは2人なので、ちょっと少ないかもしれません。(その分をMVPで帳尻を合わせたのか?)

塩谷の選考は少し謎。サンフレッチェを追い続けている者からしたら、今季の塩谷はそんなパフォーマンスは良くなかったです。

もっとも「じゃあ他に誰が?」となると、その他の優秀選手を見る限り塩谷以上は居ないと思いますから、無難なのかな?
全く関係ないと思っていた今年のアウォーズ(書きにくい…)ですが、塩谷の選考は素直に嬉しいですね。でも私の知ってる塩谷はもっと出来る選手ですからね、来季…とは言わず、今週末の天皇杯からベストイレブンに恥じないトップパフォーマンスを見せ付けて欲しい。

そして一番謎の選考だったのが、マリノスの斎藤。MF部門とFW部門で違うんだろうけど、得点王のウタカが入ってないのは解せない。

無理やり小林をMFとしてFWはレアンドロとウタカの2人の得点王という形が一番スッキリしますけどね。それか3トップにするとか…。

そしてMVPが中村という、これまた謎選考。

そこは年間勝ち点1位から出してやれよ!
勿論、中村が川崎の躍進を支えたのは間違いないし、MVP級の働きをしたのも分かります。彼の凄さを否定するわけではありませんが、2016年のMVPは違うでしょう。

最小失点の立役者「裏切りの笑顔」西川か、柏木にするべきでした。

なんか、浦和は色々と可哀想ですね…。シャーレを奪われて、最優秀監督を奪われて、MVPを奪われて…。

来季からはこういう理不尽な事もなくなりますので、サンフレッチェもモリモリと勝ち点を稼ぐ事に全力を注ぎましょう。まずは天皇杯、そしてACLを目指して!

頑張れ!サンフレッチェ!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です