2016 CS 決勝第二戦 浦和 vs 鹿島

第一戦を0-1で制して圧倒的有利で臨んだ浦和。

第二戦も試合開始7分という早い時間帯で先制に成功して優勝に向かって磐石の体制を固めます。

第一戦と同じく攻守の切り替えからの潰し合いも多く、なかなか鹿島としては糸口が見出せない状況でした。

これだけ集中した浦和相手にはさすがに厳しいだろう、と思っていましたが前半終了間際に事件発生。

鹿島の遠藤が宇賀神とのハイボールの競り合いで上手く体を当てて入れ替わると超絶フリーでしっかり中を見てクロス。それを頭で合わせた金崎が同点に追いつきます。

これで試合が分からなくなってきました。

後半からは徐々に守りきろうとする浦和と攻めるしかない鹿島の図式に。

浦和は高い集中力を見せていましたが、ほんの一瞬の隙を突かれ、途中出場の鈴木が槙野に倒されPK獲得。これを金崎が決めて2-1とし、本当に逆転優勝の目が出てきました。

浦和は最後に槙野を上げてパワープレイをするも、慣れてないからウヤムヤになって、そのままゲーム終了。

勝ち点15差もある鹿島が2016年のチャンピオンとなりました。これはJリーグアワードがどうなるのか、興味が出てきました。MVPは誰?年間最優秀監督は誰?

正直、MVPは柏木(か、凄い嫌だけど西川)で年間最優秀監督はペトロヴィッチにしないとアカンでしょう。これでMVPが金崎とかになったら嗤うわ。

まぁ部外者なのでどうなるか楽しみですね。

試合に戻りますが、鹿島、浦和とも采配には「?」マークが付くのは間違いないです。特に浦和は早い時間帯で3枚使い切った上、一枚は青木というチョイス。これは失策中の失策でしょう。最後に逆転された時に攻撃のカードが切れない上、初戦で青木が良かったとも思えない。

実況アナが「リーグの鹿島戦で青木が凄く良かった」と言ってましたが、一戦目も二戦目もそのイメージで出したのでしょうか?だとしたら、いつまで「あの時は良かった」に引っ張られてんの?ミシャは勝負弱いんじゃなくて、良かった思い出がリセットできないのがダメなんじゃないか、と思いました。

鹿島にしても付け入る隙はあったはずです。絶対残しておくべき小笠原を下げるというのはどう考えてもアカンでしょう。あの瞬間に浦和も圧力を掛ければ鹿島を機能不全に陥れる事ができたと思うし、突き放すチャンスがあったと思います。

正直、鈴木も良いと思わなかったし、柴崎もかなりミスが多かったです。ただ、それを上手く隠せた、というかフォローできた鹿島が最後に点を決めたのかな、と。

思い返せば、浦和に充分勝機はあったんですけどね。早い時間帯で3枚使い切って、しかもそれが青木というのが最大の失策だったと私は思います。

あと一部心無い人が槙野や宇賀神を責めてますがお門違いも良いところ。失点に絡んだという点では残念ですが、このチャンピオンシップでの貢献度は計り知れないでしょう。そもそも彼らが居なかったら年間勝ち点1位を取れたかすら怪しいと思いますよ。(といっても浦和のDFは誰が居るのか良く知らないけど…テヘ)

さて、それはともかく次はサンフレッチェの天皇杯があります。

今年の王者(とはあまり呼びたくない)鹿島がCSを制してどんなテンションで来るのか。広島は長い期間、実戦から遠ざかっているというハンデを背負っておりますが、2冠は絶対阻むという強い意思を持って勝ち上がって欲しいですね。

最高のクリスマスプレゼント、プリーズ!頑張れ!!サンフレッチェ!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です