佐藤寿人、名古屋に移籍

Jユースカップ決勝、惜しかったですね。

前半は上手く戦えてたけど、後半から相手が噂の久保君を出してきてビビッているのが伝わりました。腰の引けた守りを強かに突かれてあっさり同点。最後はキーパーのキックミスから失点…。

運動量もさる事ながら、球際での執着心という意味でも東京の方が上だったと思います。これを糧にしないといけません。

一人、全く負けてなかったのは満田君?でしたっけ。シャドーに入った9番の子。体を当てられてもしっかりとボールをキープして前に運べるのは頼もしい。将来、サンフレッチェで活躍して欲しいと思った選手でした。

という話は、さておき。

遂に寿人が移籍を決断しました。

本当にこれはどうしようもない。自分は出来ると思っているのに試合に出れない悔しさ、もどかしさ。そろそろピークを過ぎようかという時期にベンチウォーマーとなってしまう焦り。色々悩んだのでしょうが、やはり選手は試合に出てナンボ。

広島でキャリアを終えたかったであろうけど、それでも選手としての気概を選んだ。本当、寿人は格好良いと思います。

よりによって名古屋?と思いましたが、風間監督であるならばアリでしょうね。少なくとも来季はJ2なんで寿人の居る名古屋と当たる可能性は天皇杯以外は無さそうなのでホッとしています。

広島に向けた寿人の最後のメッセージ。

サヨナラは言いません。

ありがとう。

そして、行ってきます。

これ、完全に泣かしにかかってますよね?くそー!

嬉しい時も悲しい時も寿人は一緒に戦ってくれました。こちらこそありがとう。そして行ってらっしゃい。

いつか必ずどんな形でも良いからまた広島と一緒に戦ってください。

(閑話休題)

そういえば寿人の移籍報道に関連して、私がよく見る「ドメサカ」のコメント欄でも荒れていましたね。

ああいうコメント欄というのはチラシ裏の落書きみたいなもので、誰がどれだけの人数が書きこんでいるのか分かりませんが、結構な数のウタカ叩きは見ました。

個人的に一番腹が立つというか、許せなかったのが「ウタカが守備をしないから負けた」論調のコメント。

本気でそう思ってるのかしら?というか、寿人が守備してたっけ?という最大の疑問が私の頭の中で渦巻いてます。

昨季、確かに失点はしませんでしたが、それはもしかして寿人(浅野)のおかげ?

私の見方としては第一のつまづきは佐々木の負傷。次に安定感抜群だった千葉ちゃんのコンディション不良。トドメが林が一般キーパーになってしまった事。間接的には塩谷の五輪出場も入るかな。つまり守備陣の粘りが足りなかったのが失点が増えた最大の要因でしょうっていう話。

広島は守る時は綺麗に5-4のブロックを作ってラインを低めにしています。となると、1トップが最終ラインにプレッシャーを掛けても後ろが連動してこないと無駄走りになってしまいます。事実、ウタカはシーズン序盤は前からプレッシャーを掛けて後ろにも「連動しろよ」とハッパを掛けてるシーンが何度かありました。が、徐々にそれも減ってきて、いつの間にか「寿人」のように5m前にボールホルダーが居ても歩くようになっていました。

そこでようやく気付きました。寿人は今まで守備をサボってたんじゃなくて「やりたくても出来なかった」んだなぁって。唯一、守備をバリバリ頑張るのは皆川ぐらいでしょうか。

だからね、ウタカが守備をしないから負けた、なんて妄言はやめて欲しい。

話はもっと簡単で、森保監督がウタカの能力が寿人より上だと思ったからウタカを起用しただけ。シーズン後半でウタカのコンディションが悪いのに使ったのはどうなのか?という疑問は残りますが、おおむね私は正しかったと思います。

森保監督だって寿人が広島にとってどういう人物かというのは重々承知してますよ。だからといって特別扱いしたら監督業はやっていけないでしょう。(とはいえ、浩司に対しては感情移入し過ぎだったと思いますが…)

寿人が移籍するから悲しいのは分かりますが、だからといってそれを材料にウタカを叩くのは違うと思います。まぁ森保監督に矛先がいくのは仕方ないですけど、結局は監督にとって「どっちの方が良いか?」という好みと判断の話ですからね、私は森保監督が正しいと思います。

一番良いのは、寿人が名古屋でバリバリ活躍して得点を獲ることでしょう。俺はまだまだやれるぞ!というのを見せて欲しいですね。

寿人の活躍を期待しています。頑張れ!佐藤寿人!!

(そしていつの日か、「ただいま!」「お帰り!」と言って、また広島と共に!)


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です