2016 天皇杯 4回戦 サガン鳥栖 vs サンフレッチェ広島

何故ここまで相性が良いのか…。そんな疑問を持ってしまうほど相性が良い鳥栖戦。

この試合でも前半で2得点、後半に入って攻勢を強める鳥栖の心を砕くロペスのスーパーミドルで追加点。差は無いように見えて終わってみれば0-3という完勝劇。今年のウチは全体的に良くないけど、鳥栖とやると上手く見える不思議。

金民友は最後まで戦ってましたね。良い選手でした。鳥栖をここまで強くした一人に間違いない。兵役を終えたらまた鳥栖かな?間違ってウチに入っても良いけど。

それにしても野上。評価が爆上げです。彼が最終ラインに入ってから安定してきた感すらあります。正直、千葉ちゃんは簡単に戻ってこれないんじゃないでしょうか。来季は塩谷、野上、佐々木で充分上位陣相手にやれると思います。

丸谷はもうダメでしょう。後半早々に代えられるのも無理はない。というか、後半開始から代えて欲しかった。それぐらい腑抜けたプレーだったと思います。森保監督は情に厚いのは良いけど、どう考えてもカズの方が上というのを認めて、見切りを付ける事をして欲しい。丸谷がずっとスタメンというのは不可解すぎます。

あと清水なぁ…。サイドバックは柏、ミキッチ以外のレベル差があり過ぎてちょっと手薄。もうミキッチ、反省してるだろうし出ても良いんじゃないかな。鹿島相手に丸谷、清水だと勝てる気がしません。

1トップ2シャドーは徐々に呼吸が合って来ました。特にロペスは運動量も豊富、ウタカとのコンビネーションも合ってきてるし、来季が楽しみになってくる存在です。そうなると「野津田は?」という話になってくるのですが、野津田は思い切ってボランチをこなしてもらうというのもアリなんではないでしょうか?イメージとしては川崎フロンターレの田坂みたいな感じで。野津田は守備も頑張るしパスも出せる、遠いところからのミドルも得意ですから意外に適正はあるんじゃないでしょうか。川辺も磐田ではボランチを勤めてますから、将来的には野津田、川辺のダブルボランチとか。いやん、楽しそう。

ウタカは後半途中で完全にバテたから、早めに交代するべきだったでしょう。それまでの存在感はさすが。なんとなくロペスが好きそう。

皆川は入ってきた意味が分からない。もっとボールを収めないと意味ないじゃん。相変わらずアンテナ感度は低いからボールへの反応は遅いし。この交代も森保監督の「情」が邪魔してると思います。まぁ点差が点差だけに守備固めの意味合いがあるのは理解できるけど、逆にカウンターという刃も無くなるから相手にとっての脅威は下がります。やっぱり宮吉見たいよ、宮吉。

柏はお疲れ様。ロペスと並んで体力お化けだな。今、広島の中で塩谷と並んで一番日本代表に近い選手だと思うんです、個人的には。だいぶロペスと合ってきたけどミキッチが戻ると左に回されるのが残念。

さて、ここからしばらくの中断期間。森保監督の言うように調整が非常に難しそう。鹿島がこれから川崎との大一番でCSを戦うわけですが、12月24日にどんなテンションになっているのか。外野として気楽にCSを見ながらサッカーを楽しませてもらおうと思います。

そして森崎浩司と共にシルバーコレクターの汚名返上で良いお年玉が貰えますように!頑張れ!サンフレッチェ広島!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です