2016 2nd 川崎フロンターレ vs サンフレッチェ広島

リーグ制覇の夢が絶たれ、モチベーション的にも「どうかな?」という中で優勝争いをしている川崎との一戦。

最近の成績だけを見ると川崎も少し調子を落としているので、良い勝負ができると思いましたがまさに予想通りというか、むしろ広島の方が上回っている時間の方が多かったと思います。

しかしそこには「優勝争い」と「中位」との差があるわけで、我慢できない広島が先に失点、終了間際にトドメを刺されて終了。難しい時間を耐え忍んだフロンターレの粘り勝ちでした。とはいえ、はっきり「誤審」だと言い切れる塩谷の先制点が取り消されたという不運もあったわけで、実際には引き分けには持ち込めた試合だったと思います。そういう意味でも今年の広島は「持って」いないのだと思います。

負けはしたものの、決して「捨て試合」にする事はなく自分達で試合を動かし支配した広島。後半、バテて相手に流れを渡してしまった反省点はあるものの、ここ最近は試合内容で上回られていたフロンターレの攻撃を凌駕するアグレッシブな守備と攻守の切り替えの速さは素晴らしかったです。

来季を見据えたような森保監督の采配も選手のモチベーションを上げた事でしょう。あの辺はさすがです(にしても皆川は無いと思いますけどね)。

後半、相手に流れを渡してしまった要因ですが、それこそがまさに今季の不調を顕す内容でした。つまり前線の連携不足からのミス。意識のズレがパスミスとなって、シュートまで持ち込めずそのままカウンター気味に攻撃を喰らうという、バタバタした展開で疲れてしまう。

昨季のように寿人、ドウグラス、柴崎からの浅野投入という鉄板の流れが組めなかったのは最後まで足を引っ張ったのかなぁ、と。そう考えると怪我が今年最大の敵でしたね。

さて、私的に良かった選手から順番に並べていくと、

  1. 青山
  2. ロペス
  3. 野上
  4. 森崎和
  5. 塩谷
  6. ミキッチ
  7. 寿人
  8. 柴崎
  9. 皆川
  10. 丸谷
  11. 清水
  12. ウタカ

という感じ。ロペス、野上は期待値を上乗せしてます。

青山は久し振りに「広島のエンジン」でした。中・長距離のパスで試合を作る、足の遅さを読みでカバー、自ら積極的に動いてアグレッシブな守備を展開、ミスがほとんど無しで安定。この青山が今季はなかなか観れなかったのが残念だったかな。

ロペスは相手を背負いながらもパスを受けて前を向ける上手さがあります。ウタカもそうですが、ウタカよりも奪われない。ウタカが柔とすればロペスは剛という感じ。連携不足でパスがズレるシーンが散見されましたが、逆に言うと連携が合ってくればかなりのものです。ドリブルを結構仕掛けるところもドウグラスっぽいですが、ドウグラスよりもパスを出すので私的にはこっちの方が好み。宮吉と一緒に見たいかな。

柏は一人ずっと好調を維持しています。今節も90分間走り続けました。この運動量の凄さよ。

野上、超良いね。ボタンを押してあげたい。これ、佐々木が戻ってきたらどうすんの?というぐらい良かった。いや、佐々木の方が良いんだけど野上を控えに置いておくのが勿体無いという意味で。それぐらい本職の守備で魅せてくれました。対人の強さ、読み、守備範囲、まぁDFとしては完璧でしょう。攻撃時の役割としては物足りませんが、これは連携が合ってくれば全然問題ない話だと思います。

カズは千葉ちゃんの位置。ユーティリティに溢れ過ぎとる…。全く違和感がありませんでした。塩谷も変わらず良かった。特に先制点となるはずったFKはさすが。残り2試合はカズ、塩谷、野上で問題ないのではないでしょうか。

ミキッチはいつものミキッチ。独り相撲でガチャガチャしている間にボールを奪われるのを含めてミキッチでした。まぁサイドを切り裂く役目を何度かこなしたし悪くはなかったかな。

寿人は裏取りで完璧に抜け出すもシュートが弱く相手キーパーの正面に。あれは試合勘かなぁと思いました。好調の寿人だったらゴール隅に決めてたと思います。でもあれだけ短い出場時間での存在感は抜群だったので及第点だったのではないでしょうか。得点を決めていれば青山の次ぐらいだったんですけど。

ここからは辛め。

柴崎は戦犯の一人でしょう。2,3度あった決定機をことごとく外す。この決定力の差がフロンターレとの勝敗になったと思います。酷すぎる。決定機に顔を出す、という仕事は出来ても決めないと意味が無いですよ。

皆川がスタメン、良かった試しがない…。来季は頼むからレンタルでJ2武者修行するべき。少なくともJ1レベルではない。タメを作れない、ボールを収めれない、高さを活かせない、足が遅い、ボールを追いかけるのをすぐ諦める。前半、守備では凄く貢献していましたが本当にそれだけ。全然相手のDFを慌てさせる事がありませんでした。唯一、森保監督の失策は彼の先発起用だと思っています。

林はやっぱりこらえ切れないなぁ…。2~3本良いシュートストップを見せたから「お、今日は仕事してくれてるな」と思ってましたが、失点時のボールの見送り方は萎えました。「なるほど、そういう(見送ってそのまま軌道を確認しながら倒れる)失点パターンも持ってましたか」と感心すらしました。

丸谷、いた?

清水は全くカンフル剤になれず。守備でも周りを見ずパニックのように蹴り出すだけ。完全に絶不調。

【悲報】ウタカ、動かず。

サイドバックは柏、ミキッチの次がレベルが落ち過ぎてちょっと厳しいですね。

前線では次節、宮吉とロペスを起用して来季の布石にしてもらいたい。そんなところでしょうか。千葉ちゃんが戻ってくれば丸谷じゃなくてカズをボランチに、後半途中からはロペスを下げて浩司。こういうシナリオを見たいですね。

ケガで泣かされた2016年ですが、残すところあと僅か。今節を見る限り内容は決して悪くないので天皇杯を目指して頑張ってもらいたい。頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です