2016 2nd サンフレッチェ広島 vs 大宮アルディージャ

ルヴァンカップの続きから言って良いですか?

林は何なんすか?

もちろん失点の元凶は丸谷だし、あれだけ競り負けてたらキーパーの責任ではないかもしれないけど、それでも敢えて言いたい。林は何なんすか?片や、相手キーパーが存在感を存分に発揮してゴールに鍵を掛けてるのを見るとそう思わずにいられない。キーパーと1対1の状況で駆け引きに負ける柴崎も大概だけど…。

負けが込むチームにありがちな格言「こちらのCKは入る気がしないけど相手のCKは入る気しかしない」を体現してました。で、実際入れられる。

シーズンも終盤ですがようやく悟りました。フィールドプレーヤー、誰が出ても勝てん!あれだけ簡単に失点してたらどうしようもないです。今更ですがキーパーは代えた方が良いです。

人間は慣れてくると徐々に試合に飢えてた感覚を失うもんですね。丸谷、もうダメでしょう。自分をアピールするのではなく、無難にこなしてマイナスな印象を与えないようにするだけで競らない、寄せない、パス出さない。プレースピードの遅いカズの方がまだマシです。特に球際を勝負せず、相手の前に陣取るだけの守備は苛立ちしか感じない。年間3位も無理筋に入ってきている今、もうここは宮原を育てる感じでお願いします。その方が我慢できますよ。

ウタカ、茶島、柴崎は良かったけど得点が0という結果なのでダメでしょう。特に柴崎は決定的チャンス2回をふいにしたのは猛省です。

柏はキレッキレ。もっと柏を使いたいところですが、柴崎、水本じゃ活かせないのが辛いところ。高萩、佐々木だったら破壊力抜群ですけどねぇ…。高萩、来シーズン戻らないかな。ミキッチは相変わらず対策されてました。お陰で無駄なロストを繰り返す繰り返す。ミキッチにしろウタカにしろ、外国人の「一人で勝負」という長所が短所になってます。もっとワンタッチではたくコンビネーションを身に付けて欲しいです。そうすれば相手も寄せる間合いが難しくなると思います。特にウタカは必ずキープしようとするから一人に寄せられて、その隙に2人に囲まれて奪われるパターンが確立しつつあります。もっとプレーに幅が欲しい。

カープの優勝で広島中が沸き返る中、ヒッソリと今季を象徴するような負け方で心を打ち砕かれた広島。キーパーを林のままでいくのなら天皇杯も厳しいでしょう。もうここまで来ると割り切って来季への準備期間としても良いのでは?同じメンバーで同じように負け続けるよりはメンバーを代えて試行錯誤しながらやってくれた方が救われます。

あと6試合、可能性の感じる試合を観たいですね。そして、少しでも今シーズンを面白くするために上位陣をかき乱すような活躍を期待します。頑張れ!サンフレッチェ!!の若手!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です