2016 2nd サンフレッチェ広島 vs 横浜F・マリノス

うーん…「This is Season of 2016」らしい試合でしたね。

先制されても逆転できる強さはあるのですが、守備での我慢が出来ない。そしてCKは失点の雰囲気が毎回します。塩谷はいつもマークを外してしまってる気がする。というか2戦連発かな?まぁあとはやっぱりカズと林がなぁ…

森保監督、先発でウタカ使いましたね。今節のウタカはチャンスメーカーよりピンチメーカーの方が比重が高かったと思います。もう少しフレッシュなメンバーで走り負けないようにしないとねぇ。交代メンバーの活躍といい、試合に入ってからのチームマネージメントやハーフタイムのコメントなんか聞くとさすがだな、と思うのですが先発メンバー選びが自分の首を絞めてるんじゃないでしょうか。

まぁ出ているメンバーのプレーもどうなのかな?とは思いますけどね。「ウタカが要求したら絶対パスを出さないといけない」という呪いが掛けられているのではないか?というぐらいウタカ依存が目に付きます。それともウタカに依存し過ぎて周囲がボールを受ける動きを止めちゃってしまっているのか。

とはいえ、攻撃は確かに好調なので弄る必要は無いと森保監督は判断しているのかもしれません。悩ましいところですが、私としてはもう少しサブメンバーにチャンスを与えて欲しいところです。それが来季に繋がるのであれば尚更。

選手個々で見ると悪そうな選手は居ませんでした。ただ、チームとして走れてない。それに尽きると思います。

あ、目立っていたと言えば丸谷かな。今節も良かったです。前に向かう姿勢、ミスは多かったけどチャレンジするパスを何度も出してました。そろそろ私の色眼鏡を外しても良いかもしれません。この調子を続けて欲しい。

今節は久し振りに2トップで勢いを付けました。試合状況によりますが、メッセージが分かり易くて良いですね。実際、それから雰囲気がガラリと変わったし、ミキッチ大活躍だったし。やっぱり途中からのミキッチって良いと思います。相手が疲弊した中、ガンガン仕掛けていくから一気に自分達のペースに引き込めます。

「もう無理」皆川君も得点を決めました。良い仕事をしたと思います。毎試合あれが出来れば納得ですけどね…。

さて、リーグの方ですが珍しい事に上位陣がこぞって引き分け。川崎は磐田と引き分け。策士名波だから驚きはありませんが、甲府が鹿島に引き分けたのは凄いですね。というか鹿島は浦和化しているのかしら?思わぬところで下位に取りこぼすという。

広島は既に2ndの順位で首位に5ポイント差を付けられ、年間順位ではまさかの4位にいるものの3位の浦和とは9ポイント差。逆に8位の柏とは3ポイント差という団子状態にいます。現実的には(ナビスコ改め)ルヴァンカップと天皇杯を狙いに行くのが大きな目標ですかね。

浅野が居なくなり、塩谷が五輪で抜ける間、サブメンバーは大チャンスです。しっかりとレギュラー組を脅かして試合に絡めるようになって欲しいと思います。というか今季はそれに賭けるしかありません。猛烈に頑張れ!サンフレッチェ!!のサブメンバー!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です