2016 2nd サンフレッチェ広島 vs 鹿島アントラーズ

前節、鹿島がガンバに敗れる中、広島は好調を維持しているのを鑑みて、少しでも「勝てる」と思ってた自分の気持ちは粉々に砕かれました。

完全なる力負け。選手個々の運動量、質で圧倒的に敗北。今まで緩いプレッシャーの中でしかボール回しをしてこなかったツケか、前線からの守備を徹底的にやり切る鹿島に全く余裕をもらえずに苦し紛れのパスをしては奪われるDF陣。塩谷のミスは必然だったのでしょう。

というか、この鹿島にガンバはよく勝てたなぁ…。まぁウチがバカ正直に後ろから繋ぎ過ぎたのが敗因とはいえ、全く付け入る隙を見せなかった鹿島はさすが優勝争いをしているチームです。ここまでチームをまとめている石井監督も良い監督なんでしょう。相手をリスペクトする点もウチの森保監督と同じで好感が持てます。

強いて難癖を付けるとしたら曽ヶ端のバックパスキャッチはファール取って欲しいし、柴崎は完全に2枚目のイエローで退場でしょ?という点。一度イエロー出してるから次は緩めに、とか基準がブレちゃアカンのじゃないですか?

とはいえ、試合の趨勢に大差はない話です。それぐらいチームとしての地力に差がありました。まぁちょっと今季の川崎や鹿島には歯が立ちそうにないですね、悔しいですが。

さて、完敗したわけなんで良かった選手、悪かった選手でいくと、やっぱり悪く見えた選手が多いのですが、中でも寿人とカズはダメでしたね。カズは本職ではないという点で可哀想な部分はありますが、あまりにも相手をフリーにさせ過ぎ。鹿島のパス&ゴーに全く付いていけてなかったかな…。ここに佐々木が居れば全然違っていたと思います。(水本だったらまだカズの方が良いけど)

寿人はやっぱり途中出場の方が良さそう。久し振りの出場で見せた情熱は霧散し通常時の寿人というか、鹿島の土居や金崎と比べて明らかに休んでいる時間が長かったですね。せっかくの2トップならしっかり前から追い込まないと。鹿島が10人で守備をしているのに対し、広島は8人で守備してるからちょっとね…。

あとは林かな…。まぁあれだけフリーで強烈なシュートを打たれているわけですから「枠外に弾くのが精一杯」は仕方ないとはいえ、うーん…背中に当たってしまった失点も含めて不運、としておきましょうか…。でもなぁ、林のポテンシャルなら2点は防げるはずなんだけどな。

良かったのはリオ組ですかね。塩谷は失点に直結したミスは痛かったけど、取り戻そうとしてた熱は感じました。もちろんパスミスも千葉ちゃんと同じく多かったですけど、球際で唯一勝ってた選手の一人でしょう。

あと意地を見せたのが浅野。あの劣勢にあって2得点は立派。あまり見られなかった反骨心というか、自分ひとりでも戦い切る、一矢報いるというプレーは良かったと思います(一矢どころか二矢報いたし)。

宮吉も良かったですね。ワンタッチが効いてました。あの球離れの良さが鹿島に構える隙を与えなかったと思います。本来、あれぐらいどんどんパスを回して的を絞らせないやり方がしたかったのでしょうけど、何しろ全員が人任せすぎました。

何より一番の不満はペトロヴィッチ監督の時代から続いている悪癖「自分達のサッカー」に拘りすぎているところ。これは明らかに森保監督の失策でしょう。鹿島の注文通りの事をやってどうするの?せっかく寿人や浅野という裏を狙える一級品が居るのに何故それを活用しないのでしょう。

最初の入りで鹿島の狙いは分かったのなら、敢えてロングボールで浅野を走らせたり寿人に裏を取らせたりするべきだったと思います。そうすれば相手も警戒するだろうし、「自分達のサッカー」が効果的に出せたのではないでしょうか。あまりにも素直に真っ向勝負し過ぎ。上手くいかないからといって上手くいくまでやり続ける愚策は見たくなかったです…。結局完敗してるし。

まぁ無理やりポジティブに考えると、鹿島はこれで広島を完全に見下してくれるんじゃないでしょうか。なんとかチャンピオンシップに出場してその隙を突いて一番大事な試合を勝つ、という筋書きにしましょう。じゃないとダメージが大き過ぎます。

次節は柏レイソル。先発メンバーは誰になるのでしょうか。私としては寿人、カズ、それからウタカを外して欲しい。ウタカは疲労を考慮ですね。後は清水に代えてミキッチ。右サイドで柏が躍動し始めましたが、また左サイドに戻ってもらいましょう。寿人、ウタカは宮吉、茶島辺りで。カズの代わりは吉野?キム?辺りかな。連戦という事もありますし何かしらメンバーをイジって控えメンバーのやる気を引き出して欲しいと思います。

「広島のサッカーが鹿島のお得意様だった」という割り切りでこの大敗を切り替え、次節からまた連勝を狙いましょう。頑張れ!サンフレッチェ!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です