2016 1st サンフレッチェ広島 vs 浦和レッズ

一体FC東京戦は何だったんだ?というぐらい熱い試合でした。

ACLでのFCソウル戦敗退以降から絶不調に陥った浦和レッズ相手にどれだけやれるか。今季のサンフレッチェは順位通りの内容、結果しか残せていないから例え相手が調子を落としていても上位相手ですから「ダメだろうなぁ」というネガティブな気持ちで観戦。

案の定、早い時間で先制をするものの、相手のプレッシャーに負けて逆転を許すという展開。しかも青山が負傷交代で入ってきたのが丸谷という、目を覆いたくなるような状態。後半見る気無くすなぁ…という意気消沈気味に後半を迎えると、最高の週末が待っていたという予想もつかない展開。さすがにこれは脳汁ブッシャーでした。特に最後のダメ押しは西川→柏木→寿人というホットライン。泣きそうなぐらい嬉しかったです。

結果論ですが、前節でスタメン外した方が良いと思っていた青山、カズ、千葉のうち青山とカズが外れてチームは勢いがついたと思います。もちろん、カズ→寿人という交代が試合のターニングポイントであり素晴らしい采配だったのは間違いないのですが、チームのリズムを悪くするパスミス連発の青山と比べて丸谷のプレーは良かったし、寿人は言わずもがな。私としては千葉が一番良くないと思っていたので、そこが不満ではありましたが、負傷で自ら交代を申し出るほど疲労困憊の青山や、同じく疲労でキレと判断力が鈍っているカズを交代したというのは評価できます。出来れば先発から代えて欲しかった気がしますが、先程も書いたように途中交代の寿人が試合のキーだったわけで、先発から寿人が出ているとどうだったか、というのは分かりませんね。

というか、カズ→寿人はスクランブルだったわけだから、やはり先発はカズではなく吉野、大谷辺りにやらせるべきで宮原をカズの位置に入れるべきだったのではないでしょうか。で、試合経過によって寿人にチェンジとか。

少なくとも青山は先発を外した方が良かったと思います。森保監督は信頼しているのでしょうが、状態が悪かったら外す勇気を持って欲しい。寿人にできるのだったら青山や千葉でも出来るでしょう。

それにしても寿人、本当に良かった!
若手以上のガツガツ感での全力プレー。守備も攻撃も全力。そのご褒美として久し振りの得点。昨年とは逆ではありますが、こういう使い方もありますね。90分の運動量を20~30分という短い時間で全て出し切る。ポストプレーや繋ぎのプレーも普通に上手いからリズムも作れます。いや、本当に良かった!これで出場機会が増えると嬉しいです。寿人はまだまだやれます!

丸谷も良いプレーだったと認めないといけない出来でした。とくにカウンターを受けそうになった時のスライディングでのボール奪取は痺れました。ああいう戦える姿勢がなかなか出せないのは何故なんだろう…。なんだかんだで今節だけ良かった、みたいになりそう、というのは長年の経験上から来るものです。

塩谷はリオ五輪のOA枠選出されてから明らかに見違えてきました。気持ちが良い方向に振れてますね。日本代表としての誇りがプレーを向上させているのでしょう。塩谷の離脱はチーム事情的に厳しいですが、「やっぱり行って良かったな」と思えるように五輪で活躍して欲しい。応援してます。

千葉ちゃんは休ませてあげて。足の遅さを頭の良さでカバーしてるのに疲労が体を鈍らせてると思う。興梠にも全然付いていけてなかったし。ここは吉野でお願いします。

清水は今節もダメダメでしたね。せっかくベンチにキム・ボムヨンがいたのだら早めに交代させても良かったと思いますけどねぇ。キムのがむしゃらさが見たいところです。

後半からの選手の熱い気持ちはもちろんそうですが、印象として勝敗を分けたのはやはり監督の差なんでしょうね。あちらが脅威(狂気?)の3枚替えに対しての森保監督の勢いを付ける交代策、最後は前線からの追い込み枠としての皆川投入で締める、という貫禄ある采配。青山の交代は余計だったと思いますが、交代選手がしっかりとチームに効いて勢いを与えた広島に対して「お、おぅ…お?」といった感じだった3枚替えの浦和。あれ、浦和サポーターも怒りを覚えるでしょうな。

さて、自分が思い描いていた展開とは違った、最高のゲームで浦和戦を乗り切ってくれた選手には感謝。次節は苦手のアウェイ甲府戦です。鹿島、川崎とはだいぶ勝ち点で離されてしまいましたが、今度こそ連勝して少しでも上位に喰らいつけるようにしたいところ。青山、カズをどうするのか。千葉ちゃんも交代させてあげて+清水以外にチャンスを与えてあげて、と森保采配が見所満載の1st最終戦に期待しています。

頑張れ!サンフレッチェ!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です