キリンカップ日本代表 vs ボスニア・ヘルツェゴビナ

いつものように子供を寝かしつけて戻ると前半40分ぐらいで1-1の同点、試合内容が激しそうだったので見ることにしました。

日本代表はもちろんですが対戦相手もモチベーション高かったので、なかなか良い試合が観れました。試合は後半が進むにつれグダグダになる感じなのは日本代表らしいといえばらしいかな。

それにしても浅野、最後にやらかしましたね…。FWとして一番やってはいけない、キーパーとの1対1を逃げてパスの選択。これは戦犯として挙げられても仕方ないレベルです。どうして最後にチキったのか…。引きずるような後悔の日々を過ごしそう。

それ以外ではよくやっていたと思います。というか、後半ずっと右サイドギリギリに張っていたけど、あれは酷かったですね。ダイエットトレーナーは全然、浅野の良さを活かせてない。まぁ代表では岡崎ありきだから致し方ないのか…。裏を狙ってもボールがなかなか来ないのは連携だったり、特徴の把握不足で仕方ない面はあります。酒井との呼吸も合わなかったですし。そういう同情する点はありますが、それでもドリブルで突破を図るとか、千載一遇のチャンスを確実にモノにする実力がないとダメでしょう。

ポジション的に不満はあるものの、それを覆せなかった浅野の実力不足だった試合かと。特に最後はね、言い訳は聞かないレベルでの失態だったと思います。

日本代表で目立ったのは遠藤でしょうか。奪いきれなかった後のリスクは結構ありましたが、無難に守備をするよりも奪った後のチャンスにウェイトを置いているのは良かったです。

試合は1-2で敗れました。最後に勝ちきれないのはA代表でもU23でも同じですね。まぁ昨日に限っては浅野の責任は大きいですが…。これからワールドカップ予選です。苦戦は必至でしょう。その時にダイエットトレーナーが監督らしい采配を振るえるか、楽しみですね。


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です