2016 1st アビスパ福岡 vs サンフレッチェ広島

先発メンバーがどうなるのか?
期待を持った福岡戦は「茶島 → 宮吉」、「柏 → 清水」という選択でした。

宮吉も良いけど寿人じゃないの?と思いましたが、試合はその宮吉が2得点と結果を出しました。ウタカとのパスがズレる場面もありましたが、裏への抜け出しと90分間守備に貢献する姿勢は評価できると思います。このまま続けて出場すればウタカとのコンビネーションも良くなるでしょう。

何より見直したのは柴崎。よく走ったと思います。ボールを奪われた後の切替の速さや攻撃時のスピード感はこれまであまり見られなかったもの。得点を決めた事も良かったかもしれませんが、プレー内容に危機感が感じられた方を評価したい。宮吉やウタカが軽やかなプレーだとすると良い意味で重厚感のあるプレーだったですね。

ただ、福岡には悪いけど個人能力に差があったのも事実。このプレーが上位チームに対しても出せるかが重要ですね。下位に沈む鳥栖にも良い試合はしましたが、続く柏やガンバにはダメでした。本当の評価はこれからでしょう。

一点、鳥栖戦と違うのはメンバーが変わったという部分。これは評価できるのではないでしょうか。今節、清水にポジションを奪われた柏、交代で入ってきましたがギラギラしてましたね!清水もしっかりアシストという結果を出しました。対する茶島、皆川はあんまり変わってないな、というプレーぶりが気になりますが、先発の宮吉は気を吐きました。チーム内競争があるのは健全だと思いますので、しっかりと競争して状態の良い人間を森保監督には選んで欲しいですね。

試合の感想としては(水本ですら良く見えたぐらいですから)チーム、メンバー共に満点だったと思います。とにかく宮吉、柴崎が守備のフィルターとして効いていました。それに青山やカズも加わって前から守備にいけてました。(ここで福岡が慌ててくれたからボールを奪えてましたが、それに動じない上位チームにどこまで粘り強くいけるかが大事ですね)

私は寿人が先発復帰するかと思いましたが、タイプが似ていて寿人よりも走れる宮吉が先発。レギュラーを奪うぞ!という気迫溢れるプレーは良いですね。茶島が「約束されたレギュラー」によって失った熱を宮吉は持っていたと思います。結果も出したし、次節も宮吉で良いと思います。というより前節、あれだけ劣勢の中で寿人は光るプレーをしてくれたわけですから、宮吉との交代は寿人にして欲しかった気がします。

あと交代で入って役に立った記憶がゼロに等しい皆川もやめて欲しい。結果を起用の目安にするのであれば、それこそ寿人でしょう。

という事で、そろそろ寿人のゴールが見たいところですが、試合は完勝で気分は良かったです。

もっとも鳥栖戦も快勝でしたが、その後が全然ダメでしたので「広島、復活!」と手放しで喜べない気持ちはあります。それでもメンバーの入れ替わりがあり、期待していた宮吉が結果を出したのは個人的には嬉しいです。宮吉にとっても個人の実力差がある福岡が相手だったのもラッキーな側面があるかもしれません。が、とにかく結果を出した。これは森保監督に対してのアピールになったと思います。

少し間が空きますが、次節は神戸です。ネルシーニョ監督の元、着々と地力が上がってきているチームなので今節の広島が本当の広島なのか、試すにはピッタリだと思います。

上位陣の安定感を見るにもう1stステージ優勝は無理でしょう。
それは仕方ないのですが、面白い事にこれから浦和との試合も残っています。ここ最近の相性は圧倒的に不利ですが、あの監督にタイトルを獲らせないためにも神戸、東京戦でしっかりと前線のコンビネーションを高め、最高の脇役として川崎(か鹿島)のアシストをしましょう。そして2ndステージに向けて良い戦いが出来るように。頑張れ!サンフレッチェ!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です