ACL全滅

昨日、浦和がFCソウルに敗れた事で日本勢はACLベスト16で姿を消す事になりました。

これで結果だけ知った代表厨や海外厨は「だからJリーグは…」と嬉々として叩くでしょうが、そんなのは放っておきましょう。韓国はもちろんの事、中国を含めてアジア全体のレベルが上がっているのすら知らない連中の印象だけで語っている戯言です。

確かに両チームとも勝ち抜けそうな残り数分でヤラレたという事実は重いですが、日本代表としてよく戦ってくれたと思います。こんな痺れる大会を決勝トーナメントまで進めたのは純粋に羨ましい。火曜、水曜と東京や浦和が盛り上がっている中、蚊帳の外の広島としては寂しい限りです。つくづく森保監督の弱腰なターンオーバーへの怒りを思い出しました。

それにしても映像は見てませんでしたが、浦和はFCソウルのホームで死闘を演じたみたいですね。

前半失点を喫し2戦合計1-1で延長
延長前半に勝ち越しゴールを奪われ絶体絶命
延長後半、李の2ゴールで逆転
守りきれば勝ちというアディショナルタイムで失点し同点、決着はPK戦へ
4人を終えて浦和は全員成功、ソウルは一人外す
最後の5人目が決まれば勝ちというところで失敗
結果、PK戦 6-7で敗退

時系列で並べただけでも壮絶な試合です。特に延長後半で李が2得点決めたところは今年の浦和の強さを象徴しているのかと思います。掲示板で経過を見ていただけですが、さすがに私も興奮しましたね。ところが更にドラマが待っていて延長後半アディショナルタイムで失点とか…。ここまで来たら浦和に勝って欲しい気持ちがあったので、「失点」のテキストが表示された時はさすがに胃が重たくなりました。

そしてPK戦。5人目のキッカーが決めれば勝ちという中、キッカーが西川。浦和で一番嫌いな選手ですが、私の嫌悪感が伝わったのか見事に外すという、ね。自分からキッカーに志願したみたいですけど驕りがあったのかな?「ピッチにゴミが云々、子供が云々…」で「やっぱ西川偉いわー、素敵だわー」と評価を上げたように「これを決めればまた周囲が賞賛してくれる」と思ってたのかな?と邪推しました。

というか、5人目に西川を蹴らす浦和に腹が立ちました。そこは「持っていた」李に蹴らすべきだし、チームの顔である柏木が蹴るべきだったでしょう。PKなら槙野もいるじゃないですか。柏木が外したなら浦和サポも納得したんじゃないでしょうか。本当に惜しい、あと一歩でした。

結果、ベスト16で敗退したとはいえ、これだけ痺れる試合をしたのは羨ましいの一言。ましてFCソウルのホームで広島はボコボコに圧敗してますからね。更に言えば、後がないFCソウルは死に物狂い。そこでここまでの試合が出来るのは凄いですね。本当に今年は一つでもタイトルを獲るんじゃないでしょうか。もっともあの監督にタイトルは絶対獲らせたくないけどね

広島が不甲斐ない中、ベスト16で死闘を演じたFC東京、浦和レッズはお疲れ様でした。ウチも来年もう一度出たいけど、今のチーム状況が改善できないと厳しいですね。広島の選手や監督は当然この試合を観ているだろうし、燃えるものがあったと思います。来年、また同じ舞台に立てるようにリーグをしっかりと勝っていきましょう。頑張れ!サンフレッチェ!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です