2016 1st ジュビロ磐田 vs サンフレッチェ広島

柴崎、茶島、丸谷、吉野というセンターライン。あかん過ぎました。攻撃が全然組み立てられない。

吉野は「緊張」という事を考慮しても丸谷はもう擁護できんでしょう。突然だから、というので許される年齢と経験でもない。ビビって全く前を向けず、余裕を持って前を向けたら今度はアダイウトンにあっさり絡め取られる。宮原以下じゃないか。まさか丸谷を使うとは思いませんでしたが、スカパーでは宮原が欠場選手に含まれていたから森保監督も仕方なく、という感じだったのでしょう。

吉野にしても、初先発で「緊張」してしまうのか、それとも「アピールのチャンス」と捉えるかどうかで今後の試合に関わってくるのでは?少なくともメンタルはダメでしたね。もちろん1つのミスが失点に直結するポジションだけに攻撃の選手とは比較しちゃいけないと思うけど、もっと大胆にやって欲しかった。後半で少しは試合に入っていけた感じはあるけど「次も使ってみたい」とは思われなかったでしょう。ここからもう一度チャンスをもらえるように頑張って欲しい。

いや、しかし。いやしかし、ですよ。カズの負担の大きい事、大きい事!丸谷からはすぐに戻され、吉野からはすぐに預けられ、キャプテンマークを巻いてる人は「俺、関係ないんで」という感じで全くボールに関わろうとせず。本当、可哀想なぐらい孤軍奮闘だったです…。

というか水本、キャプテン指名されたら「無理です」って返上しろよ!彼ほどキャプテンマークが似合わない人物も珍しい。ボールを奪いに行って「行くぞ!」という気迫を見せるでもなく、淡々とスペースを埋めるだけ、その上簡単に裏を取られ、ボールを持ったらすぐにカズに預けて(ボールを貰いたくない為)下を向いて歩き出す。

前節の横浜戦、キャプテンマークを巻いた俊輔、めっちゃ似合ってた。まず自分がプレーで示す!!そういう気概を感じました。周囲を引っ張っていく感じ。青山は俊輔ほどのキャプテンシーはないけど、それでも広島の中心という分かり易さがあります。今の広島だとやっぱりカズがやるべきなんです。それが負担になるのであれば、前も書いたけど林にやらせる。最後のゴールマウスはキャプテンに守らせる、これも分かり易い。森保監督はもう少し試合の中で「キャプテン」として引っ張っていける人物をしっかり選別して欲しい。

後はもう何回も書いてる気がするので省略。
前節はまだ千葉ちゃんが居たから何とかなったけど、今節はダメでしたね。次節は千葉が戻ってくるから吉野はまた当分試合に出れないでしょう。せめて天皇杯の初戦ぐらいには出場できるようにしっかりとアピールして欲しいですね。寿人を超えようとする浅野みたいに千葉を越えて欲しい。

どうも1stステージは浦和、川崎のどちらかが獲りそうな雰囲気です。ウチとしては年間を狙う為にもとにかく少しでも離されないように勝ち点を稼いでいきましょう。頑張れ!サンフレッチェ!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です