ACL GS 山東魯能戦 vs サンフレッチェ広島

崖っぷちのACLグループステージでしたが、最後まで意地を見せる事もなく、淡々と試合終了。前半開始直後の失点が響き敗戦、ACLのグループステージ敗退が決まりました。

敗因は簡単に言うと『弱かった』の一言に尽きると思います。もうちょっと具体的に言うと『決定力の差』に集約されるかと。茶島にしろ皆川にしろ(ミドルを打つ塩谷にしろ)、ゴール枠内に飛ばすという大前提ができていないから何も起こらない。さすがに皆川のドフリーで外した後の「悔しがり方」は本当に腹が立った。何やねん、そのアピール。

批判はあるだろうけど、森保監督の采配は良かったと思います。
結果的に全然仕事ができなかったけど寿人の先発は理解できるし、結果的に何もさせてもらえなかった高橋の起用も理解できます。フレッシュな人間を使っていくのは悪い事とは思わないし、むしろあれぐらいに留めたのはやはり決勝トーナメント進出が掛かっていたからなのかな?と思いました。(ただ高橋と清水のポジションは入れ替えても良かった気がしたけど)

不満があるとすれば、丸谷の起用。スタメン見た時のがっかり感はハンパなかったです。そこは宮原でしょう?センス、運動量、球際での争い、どれを取っても宮原の方が良いのにな。丸谷が勝っているとすれば身長ぐらいで、その身長が活きる事なんかないのにね。

あとは野津田が居ない事かな。「まだ引きずってるんかい」と女々しく思うかもしれませんが引きずります。やっぱりもう少し試合に絡ますべきだったと思います。そうすれば野津田も新潟に行く事も無かったでしょう。今のサンフレッチェのコーナーキックとかフリーキックには全く期待できない。もっと言うとシュートも酷い。

監督に対する不満というのはそれぐらいで、結果を出すのは選ばれた選手でしょ?言い訳できないレベルで酷かったと思います。

試合の入り方が非常にナーバスというか、ボールが足につかず非常に危なっかしい感じで、とても強豪とは思えない内容。そして高橋の勢い余ったファール。立ち上がりでやってはいけない、危険な場所でのフリーキック。これは事なきを得ましたし、高橋も初スタメンで気持ちが入っていると納得しましたが、その直後に今度は寿人が同じような位置で同じようなファール。あまりにも不用意すぎてどうしたもんか、と。

そしてそのフリーキックで今度は千葉が相手に出し抜かれて綺麗なヘディングシュートを決められてあっさり先制。ボールを見送る林の案山子っぷりは見慣れたもんです…。本当にどうした林?ノーチャンスと言えばノーチャンスだけど、昨季と比べてあまりにも不甲斐ないシュートストップ率。

点を入れられた以上、もう取り返すしかない。そう期待していた時期が私にもありました。

見事なぐらい新潟戦の再来ですよ。とにかくボールを持った時の切替の遅さといったら…!千葉や丸谷がボールを持っても、水本は当たり前だけど塩谷ですら横に広がらずパスの出しどころを作らない。完全な疲労なんだろうね。やっぱりDF陣は多少リスクを冒してでも人を変えるべきだったと思います。

相手からすれば仕掛けてこない、ボールを動かしてこないから怖さが無かったでしょう。そうして延々と後ろと中盤で出し入れ、高橋の「クロスを上げます」という予備動作で相手DFにしっかり伝えて対応した相手DFに当たって終わる、を終始繰り返すという悪夢のような試合展開。

後半、皆川と柴崎を入れる事によって中でポイントを作れるようになると、ようやく攻めの形が少しずつ増えていきましたが、決定的チャンスを外すというプレーで台無し。結局、最後まで相手を崩せず1,2度訪れた決定機も逃して敗戦。最後まで必死さが伝わらない淡々としたプレーでACLの終戦を告げられました。

試合を通してみると球際で負けるシーンも多く、個々の能力で相手に劣っていたのは少なからずショックでした。何よりも、なぜ最後はリスク覚悟でDF陣も攻めあがらなかったのか、強引に仕掛けなかったのか、勝ちたい気持ちがあったのか、疑問しか残らない敗戦でした。

まだまだ弱い、という事を思い知らされたACL。期待が大きかった分、落胆も大きいです。私としては森保監督にもう少しメンバーをいじって大胆なターンオーバーを期待していましたが、さすがに真剣勝負では出来なかったのか、特に固定したDF陣は疲労が濃く、良い試合は出来ませんでした。だからこそ!のターンオーバーだと思ったのですが、やはりDF陣は層が薄いんでしょうね…。

それと弱り目に祟り目というか、佐々木が全治8ヶ月との事。今季は水本メインか…。はぁぁぁ…左サイドの攻撃は終わったな。浦和を見ると槙野が攻め上がるから迫力があるんですよね。もちろん奪えればカウンターできるんだけど、しっかりやり切って戻るし。なんかここで槙野の事を思い出すのが歯がゆい。

あ、もちろん「佐々木>槙野」だと思ってますよ。槙野は攻撃一辺倒ですからね、バランスをしっかり取るし体の強さからいってもトータルパフォーマンスは佐々木が上です。槙野を挙げたのは「攻撃」面で考えた時に頭に浮かんだからかな。

それにしても引きずるような敗戦ですね。内容が悪すぎます。
ここ2戦の攻守の切替の遅さ、延々とDF陣でのパス回し。2014年の悪夢が再来しそうな気がしています。あれだけは見るのが苦痛なのでやめて欲しい。先制点奪われると逆転できないし。

次のリーグ戦、カズが先発かな?出来れば宮原にして欲しい。もしカズだったら多分「玄人好み」のサッカーになると思う。そしたら「サンフレッチェのサッカーはつまらん」とライトなサッカーファンは離れていくでしょう。

2015年で掴みかけたスタイル、手放さないで欲しい。球際激しく、切り替え早く、メリハリのあるサッカーが見たい。疲労で無理だろうか?でも観たい。森保監督の手腕に期待します。

FCソウル戦。完全な消化試合ですが、アウェイでの完敗をしっかりやり返して少しでも意地を見せて欲しい。もちろんフルターンオーバーで臨んで欲しいし、キーパーも増田で良い。リーグ王者の証を示す戦いを期待します。頑張れ!サンフレッチェ!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です