2016 1st 鹿島アントラーズ vs サンフレッチェ広島

Jリーグの嘘つき!待ってたのは最低の週末じゃないですかっ!!

いや、でも何と言うか選手達は頑張ったと思いますよ、今回はかなりハードな日程だったわけですし。少なくとも前半に関しては互角以上、というか「これは勝てるんじゃない?」という内容だったと思います。

後半からのカイオ投入で完全に流れを持っていかれた後半。目に見えて足が止まってしまいましたが、最後までプロとして勝負にこだわっていたのは良かったと思います。

この試合で戦犯を挙げるとしたら林と森保監督でしょう。

前に「林のせいで負けた試合は無いけど林が救ってくれた試合も無い」と書きましたが、今節に限っては「林のせいで負けた」と言って過言ではないでしょう。フィールドプレーヤーが苦しい中、最後の防壁として守るはずのGKが「ボールが枠に飛ぶと入ります」という、ね。しかも3失点目はカイオのクロスをしっかり手で弾いてゴールマウスに導くという接待麻雀のようなプレーで試合を壊してくれました。

相変わらずコーナーキックの不安定さはあるものの、シュートブロックに関しては調子を取り戻してきたかと思っていましたが…ガッカリです。

そしてもう一人の戦犯、とまではいきませんが、どうにかして欲しかったというのが森保監督の采配。
ブリーラム戦で激しい消耗戦を目の当たりにしていたわけですから、「コンディション重視」で臨んで欲しかったですね。特にDF3枚はどうかするべきだったでしょう。あと2シャドーに柴崎、茶島はやめるべき。何回かやってますが、まずこの2人からチャンスが作れない。一人は組立が出来る宮吉を入れるべきだったと思います。

交代枠にしてもあの展開で寿人はないでしょう。相手が前掛かりに来ているのなら分かりますが、引いてカウンター狙いなのですからちょっと寿人じゃ厳しかったと思います。どちらかというと選手のメンタルを意識した交代のような気がしました。

という事でフィールドプレーヤー。お疲れ様です…。
前半に関してはピンチらしいピンチもなく、むしろこちらのやりたいサッカーが出来ていたと思います。が、後半は一転、動きが止まり出すとミスが続出。ミスが続くと流れは相手に、特にカイオは自分で仕掛けていける選手ですから足が止まり出すと、振り切られてどうしようもなくなります。相手の方が一枚上手だったですね。

最後の4失点目、PA内のゴール正面でカイオが一人ポツンと突っ立って待っている状況にビックリしていた鹿島の柴崎。「あ、はい」という感じでそのままパスを出して得点を決めましたが、あれにはさすがに笑ってしまいました。あそこまで頭も体も動かなかったのならどうしようもありません。90分間よくやったな、とねぎらうだけです。

そうはいえども不満のあるプレーはあるわけで、特に茶島はスタメンから外すべきでしょう。「ボールを持って仕掛ける事ができる」で褒められる時期は終わりました。今はそこからどれだけチャンスメークできるか、効果的なパスを送れるか、更に言うと試合を決める事ができるか、という段階です。徐々に決定的シーンに顔を出せるようにはなりましたが、あまりにも外し過ぎ。しばらくACLメインにする方が良いと思います。

柴崎にしても、これぐらいのレベル相手になるとステルスモードを発動し過ぎ。特に左サイドは柴崎、水本だから攻撃に関してはほとんど死に体。先制されると逆転できないサンフレッチェの要因はこの左サイドからの攻撃が皆無に等しいからだと最近気付きました。というか、佐々木が教えてくれた。

それから掲示板で見かける「やっぱり水本が入ると守備が安定するわ」って言ってた人、息してるのかしら?1失点目の要因は土居にあっさりと抜かれた水本なんですが…。

大体、サンフレッチェの守備が安定してきた時に水本が入ったから安定してきたように見えるだけでしょう。失点の原因である、青山の軽い奪われ方が失点に直結しないラッキーと千葉ちゃんのミスが無くなったのが失点が減った要因だったわけで、今の水本はそんなに凄みのあるプレーは無いです。

もっとも攻撃面では大いに不満があるものの、守備は最初の失点シーン以外では良かったと思いますよ、この試合に限っては。

ウタカ、塩谷はパスミスが後半は多かったですね。よく走ってましたが、体力とプレーが追いつかなかった感じ。ウタカは宮吉と組ませた方が面白いと思うんですけどね。何回かやってるのに茶島とは呼吸が合ってません。柴崎もだけど。

青山は失点後に気持ちが切れたような雑なパスが多くなります。それ、キャプテンがやるようなプレーじゃないよ。一度、他の人にキャプテンをやらせた方が良い気がします。私としては千葉ちゃんが良いと思うけど、今の状態だと林に任せるべきかと思います。キャプテンとしてゴールマウスを任せる、そういう責任が林を奮い立たせるんじゃないかという願望。ただ青山自体は相変わらずオンリーワンのプレーで非常に良かったと思います。最後まで走ってたしね。

交代選手だと清水はダメでした。気持ちは感じるけど相手の方が上手かったので期待された攻撃面で良さを発揮できず。寿人の投入は可哀想だったかな。相手が自陣で構えてカウンター狙いという状況で出されてもなかなか「らしい」プレーは出せません。ウタカとも良いコンビネーションが作れないし。

気になったのはそんなところでしょうか。
もう少し良い戦いができると思っていたのですが、思ってる以上に後半は足が止まってミスの連発でした。これで1stステージの優勝争いからは完全に脱落した感じです。もうそれは仕方ない事なので、選手はしっかりと休養をとって少しでも上位に近づけるように準備をして欲しいです。

リーグも大事ですが、ACLのグループリーグも佳境に入っています。この緊迫感の中で戦える喜びを感じながらチームが更に成長できるよう、応援しています。頑張れ!!サンフレッチェ!!


納得!共感!してくれる人は下のバナークリックで応援してください

ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です